L'art de croire             竹下節子ブログ

タグ:ローマ法王 ( 2 ) タグの人気記事

ローマ法王とフランス大統領 その5


その5

最後の共通点はヨーロッパ。

「新大陸」出身のローマ法王は「旧大陸」ヨーロッパのことを「おばあさん」と形容する。もう新しいものを産まないが元気に生きている。
フランシスコ教皇の祖父母はイタリアからアルゼンチンへの移民だった。
EU議会で各国首脳の前で、「人権とデモクラシーと自由の志士であるユマニスト・ヨーロッパはいったいどうなったのか?」と喝を入れたことがある。ヨーロッパは先祖たちのキリスト教インスピレーションとルーツを取り戻せば袋小路から抜け出せる。それはキリスト教世界の再建という妄想ではない「魂」の問題だ。

マクロンの方は、大統領選のマニフェストの中でヨーロッパを基軸にした唯一の候補だった。就任セレモニーでEUの公式音楽「喜びのうた」を流して登場したのも記憶に新しい。今のヨーロッパを無条件に賛美しているのではなく、フランス国民をよりよく守るようにEUを再構築するという。東欧からの労働者の給与システムの改正についてはすでにEUの議題に乗せた。EU規模の投資は強化しようとしている。

この五つ目の「共通点」は、よりEUのルーツ(『キリスト教の謎』第12章参照)に寄りそう教皇に対して、経済共同体としてのEUのプラグマティズムに立脚するマクロンのアプローチの仕方の違いがはっきりしている。

ヨーロッパのように、ギリシャ、ラテン、ケルト、ゲルマンとルーツがばらばらで、貴族の姻戚により混血が進み(それを可能にしたのはキリスト教文化圏の形成だった)、しかもアフリカ、中近東と近いことと植民地の歴史のせいで「異文化」からの移民が多いという多元的な地域は、ある意味で異種共生の可能性を探るかっこうのモデルでもある。
それを可能にするのは、やはりキリスト教型、それが世俗化したフランス共和国型の「普遍主義」の追求であると思う。

アングロサクソン型の共同体主義では、「同種」ばかりが固まって、出身地域の文化や伝統を維持しながらやっていけることになる。共同体内部の「掟」が基本的人権や民主主義といった近代国家の理念より優先することも往々にして看過される。
イギリスで続いたテロの操作において、そういったアングロサクソン型共同体主義の弱点がはじめて語られるようになった。
早い話がこういうことだ。

人間の共同体が同質で、掲げている理念が同じであると、異質な人は目立つ。

日本のような同質性が高い社会の場合もそうだ。「人と違うと目立つ」ので、ある意味でセキュリティチェックが自然に働く。
これがフランスだと、移民が来ても、全員をフランス語と共和国主義によって統合、同質化しようとするので、そこから逸脱する人はある程度目立つことになる。
イギリスだと、共存する個々の共同体が何語を話していても、独自の服装規定などを持っていても干渉されない。だから、ある共同体が過激化しても、あるいは過激な共同体(つまり自分たちの価値観と異なるものを弾劾する共同体)が定着しても、チェックしにくい。

ヨーロッパ単位で言うと、個々の国には独自の言語も習慣もあるのだけれど、その中のどれかがやはり過激化(つまりナチスドイツのように)するリスクを避けるために、共通の価値観を定めようとしたのだ。

共同体主義のイギリスがEUとなじめず離脱を決めたのはその難しさを表している。

ヨーロッパの真の共生が成功するなら、いつかそれが地球全体で成功するかもしれない。でもEUがこのまま崩壊するなら、普遍主義も地球の平和も夢物語だ。
「夢」を「夢」で終わらせないために、精神主義だろうがプラグマティズムだろうが、EUの理念を掲げるリーダーは存在し続けてほしい。

[PR]
by mariastella | 2017-06-11 03:13 | フランス

ローマ法王フランシスコとフランス大統領マクロンの五つの共通点(By 《La Vie 3744 》その4

これは前の記事の続きです。

カトリック雑誌が挙げるローマ法王とフランス新大統領の共通点。
後ふたつあるので続けます。

その4は、「同時に」という考え方だ。

まずローマ法王。

フランソワ教皇は亡命者や移民の弁護人だ。そして「同時に」、各国の為政者に対して移民政策において慎重であるようにと促している。
妊娠中絶は恐ろしてことだと言うが、司教時代には中絶を余儀なくされた女性のために戦った。
同性婚には反対だけれど、私には裁くことなどできない、と言った。

その一見すると一貫しない態度は、教皇の敵からはポピュリズムであることの証明だと批判される。
けれども教皇にとっては、真理とは、罪びとたちのためにやってきたキリストというペルソナ(人であり、同時に、神である)であり、単純なイデオロギーなどではない。

教皇は、「対立するものは助け合う。人間の生とは対立するものの上に構築されている」と言う。
ベネディクト16世と同じく、イタリア生まれでドイツ育ちの神学者ロマノ・グアルディニの影響を受けている。

マクロンの方も、矛盾点を政敵から揶揄される。
経済相を自認した時「確かに私は自由と平等を選択した。成長と連帯も選ぶ。企業と勤め人も選ぶ」と言ったからだ。
マクロンの尊敬するポール・リクールの研究家であるオリヴィエ・アベルは、「マクロンの《同時に》は、リクールの考え方に近い。彼は対立物を、完全に合意に至らないとしても実りある緊張であると捉えている」とコメントした。

つまり二人とも、「ポジションをはっきりしない」と批判されているわけだが、人間の社会は黒白や善悪の二元論で解決するものではない。
反対意見や少数意見を排除しないで話し合ってすり合わせていくという平和的解決は現実的でもあるし、何かを強引に決めた後で起こりやすい逸脱を避けることにもなる。
黒か白の一色にしてはいけないし、かといって混ぜて灰色にしても本質が失われる。たえず他のポジションを意識することで自分のポジションに疑いを投げかけることも必要だ。
黒白二元論でなく価値多元主義で自分は自分、人は人というのも間違っている。どんなたくさんの色があるとしてもばらばらでなくひとつの絵を描いていくために必要な普遍的な価値観というものも模索したい。

この週末に総選挙が始まるが、マクロン新党LREMが過半数をしめるという予測が出始めている

サミットでのトランプとの握手の仕方が痛快だった、ハンサムで英語が話せて、EUへの働き掛けも積極的で、というマクロンの姿をフランス人は自分たちに重ねているのだそうだ。
そういえば、サルコジが大統領になってすぐにアメリカの富豪の豪華ヨットでバカンスを楽しんでセレブ生活を見せつけたことを、フランス人はまるで自分たちのステイタスが上がったかのように満足していた。
これがドイツの首相なら大スキャンダルになって失脚ものだと言われたが、フランス人は自分たちの代理として大統領に目立ってほしいのだ。

で、いろいろ批判されていたマクロンも、今は、若くてハンサムで自分たちにぴったりなどと思われ始めているらしい。

今にして思えば、「ノーマルな大統領」になりまーす、と宣言したオランド大統領はイメージ戦略を誤った。
フランス人は自分たちと変わらないようなノーマルな大統領を欲しているのではなく、自分たちの妄想を託すことのできる大統領を欲しているのだ。

総選挙で私の注目しているのはパリのカトリック学院で神学と社会科学を教えるポール・リクールの研究家である女性神学者クレマンス・ルヴィエが当選するかどうかということだ。
彼女はマクロン新党からの候補者で、かなりリベラルだ。
カトリック的に不都合などんな政策でも、時代の文脈を見て、そのベースに愛と慈しみがあるなら受け入れられるという。終身助祭の夫と成人した三人の子供がいる。
彼女なら「ローマ法王とマクロンの共通点」のシンボルになるかもしれない。


[PR]
by mariastella | 2017-06-10 06:38 | フランス



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧