人気ブログランキング | 話題のタグを見る

L'art de croire             竹下節子ブログ

『海街diary』(是枝 裕和 監督)

是枝裕和監督の『海街diary』(2015)をビデオ配信で観た。


フランス語のタイトルは「私たちの妹」。

フランスの映画館で観た「そして父になる」の後の作品のようだ。
「そして父になる」は都会が舞台だったけれど、こちらは和風味満載で、食卓シーンも多く、小津安二郎ですか、という感じ。

最初に出てくる山形の河鹿沢温泉というのは架空らしく、ロケは岩手県花巻市の藤三旅館だそうだ。行ってみたいなあ、と思ったので検索して分かった。
そんな風に、フランスで観ていると、郷愁をそそられるようなシーンが多くて、2015年とそう古い映画ではないのに、鎌倉の旧家をはじめ、「現代の機器」風のものがなく、昔の映画を見ている感じになる。
四姉妹がそろって浴衣を着て、庭で線香花火とか、梅酒作りとか、ほとんど「日本すてきで平和」のステレオタイプに見えてしまうほどだ。

鎌倉は私の母の父方の祖父が住んでいたところだ。(彼は明治維新の後、「武士の商法」で何をやってもうまくいかず、13人の子持ちで、「鎌倉の小学校の校長先生」におさまったらしい。)
この映画の鎌倉は本当に美しいので、非現実的とか美化とかいうより、本当に、私の直接知らない郷愁まで誘われてしまう。

若い俳優はほとんど知らないけれど、脇役が大竹しのぶ、風吹ジュン、樹木希林、リリーフランキー、堤真一とか、なじみの役者がいい味を出していてほっとする。

「細雪」風の姉妹物語でもあるけれど、不倫、離婚、死別などの家庭内トラウマの物語でもあり、その感じは、郷愁じゃなくて日本は昔から変わっていないのではないか、という気がする。結婚して家を出る、とか家庭を作る、という感覚や、不倫や離婚への差別感、罪悪感なども残っているようだ。

この映画を観た前日に、ナチス時代のフランスを舞台にしたテレビ映画を観た。ブルジョワ家庭の息子がユダヤ人女性と結婚することを阻止しようとした両親が、占領下のパリでゲシュタポに相談した結果、女性は逮捕され、最後はアウシュビッツで死ぬ。両親の願いは結婚の阻止だけだったのだが、後はどうすることもできなかった。
悲嘆し怒る息子に死なれるくらいなら自分が息子の恋人の身代わりになってでも、とまで決意するが、それもならず、息子も失う。女性の家族は自由フランスの地域に逃げていて無事だったが、そこには複数の子供がいた。
息子はブルジョワ家庭の一人っ子だった。
資産のあるうちで子供がたった一人、しかも「息子」であれば、どんなに息子を愛していても親は判断を誤ってしまう。
戦争などの極限状態にある時は特に、「子供」が複数の方が親の本能を守るチャンスはあるだろうな、などと思ってしまった。

でも、次の日にこの『海街ダイアリー』を観ただけで、感じ方は変わった。
戦争があろうとなかろうと、子供がいようといなかろうと、一人っ子だろうと、きょうだいが多かろうと、親子(誰でも親はいるので)間をはじめとする家族の葛藤は起こり得るし、それが深刻な葛藤や悲劇を産んだり一生のトラウマになることもあり得る、とあらためて思う。それでも人生のどこかでは愛しあったり頼ったり頼られたりする人間ドラマの奥は、深い。




# by mariastella | 2023-02-06 00:05 | 映画

フランス語の駄洒落



以前白水社の「ふらんす」でジョークのフランス語を連載していたことがある。
そのせいで今も、フランス語の駄洒落などについ目がとまる。

まず質問ふたつ

Q1. どの家にもある果物はなに?
Quels sont les fruits qu’on trouve dans toutes maison?

Q 2 グリーンピースの箱と水槽との違いは?
Quelle est la différence entre une boîte de petits pois et un aquarium?
          











A 1 Des coings et des mûres.
これを訳すのにgoogleの翻訳機能を使った。
マルメロとブラックベリーだそうだ。もちろんどちらも知っていると食べてもいるけれど日本語の名前が思い浮かばない。家の「隅coin」や「壁mur」と同じ発音。

A2 Dans la boîte, les pois sont verts ; dans l’aquarium, les poissons rouges.

箱の中の豆は緑で、水槽の中の魚は赤。
poisの最後のsは発音しないからポワ、sont はbe動詞の複数形で最後のt は発音しないからソン。水槽の方は、poissons が最後のsが発音されないでポワソンとなる。

poisson rouge は赤い魚で、金魚。

「赤いベベ着たかわいい金魚」って童謡があるように日本語でも「赤い魚」だけど、「金魚」って立派な名前だなあ。




# by mariastella | 2023-02-05 00:05 | フランス語

ベトナム戦争

Arteで、ベトナム戦争についてのドキュメンタリーを見て、目を開かれた。

私の記憶の中ではベトナム戦争は「アメリカ軍」対「ベトコン」の戦争で、多くの人は何の関係もないアジアのジャングルでの死闘で殺したり殺されたり、トラウマを受けて帰還したり、脱走したり、兵役拒否したりのドラマを繰り広げた。映画もいろいろ作られた。私の親戚には脱走米兵を匿った人もいるし、高校、大学と、ベ平連が全盛期だったので、ある意味身近だった。昨年カナダで、ベトナム戦争時の亡命者の何人かと話したので、新しい視点が与えられたのだけど、ベトナム戦争はまず「内戦」だったということが今回よく分かった。

あらたに学んだこと、考えたことはいろいろあるのだけれど、印象的だったのは、「カトリック」の役割だ。
なるほど、旧仏領インドシナだったから、カトリック信徒はそれなりにいた。カトリック修道会の経営する寄宿学校が充実していたから、改宗しなくてもエリート家庭、ブルジョワ家庭の子弟はカトリックと親和的だったケースが少なくない。

でも、フランスが破れてベトナムから「手を引いた」後、南北ベトナムが冷戦下でアメリカとソ連の代理戦争になったのかと思っていたけれど、ことははるかに複雑だった。

ここで詳しく書くつもりはないけれど、南ベトナムの大統領ゴ・ディン・ジエムがあれほどにアメリカと癒着したことの背景にカトリックがあったことははじめて知った。
まず、アメリカ合衆国最初のカトリック大統領であるケネディが、熱心なカトリック信者であるゴ・ディン・ジエムとつながった。ケネディが暗殺された後、ジョンソン大統領がアメリカ軍をさらなる泥沼に引き込んだわけだが、ジョンソン自身はカトリックではなくプロテスタントのバプテスト派で他の大統領と同じくフリーメイスンのメンバーでもあった。フリーメイスンはカトリックから破門されていた。そこで彼は
ゴ・ディン・ジェムに会うためにサイゴンへ行った時に、カトリックのニューヨーク大司教を同行して、大司教がゴ・ディン・ジエムと南ベトナムを祝福した。

内戦の悪化にはサイゴンのカトリック教会が関係していたわけで、仏教への圧政もあった。仏教僧侶の「焼身自殺」にはそういう背景があったのだ。
焼身自殺の衝撃的な映像はその頃見ていたけれど、なんだかもっと一般的に平和を求めるもの、「戦争」への抗議のような印象があった。ジエム大統領が率いるカトリック右派による仏教弾圧のことは知らなかった。
焼身自殺のことを「人間バーベキュー」などと揶揄したのはジエム大統領顧問である弟の妻で、大統領と弟は、後に、共にミサの後で教会を出た時に暗殺されたという。

覚書としてここにメモしておく。


# by mariastella | 2023-02-04 00:02 | 歴史

「民主主義」陣営?

前に、クレプトクラシーというのを書いた。
検索すると最近のはこういうの。
最初に書いたのはプーチンを取り巻くオリガルヒという富裕層についてのものだった。


そこでもすでに書いているけれど、今もつくづく思うのは「西洋デモクラシー」の看板ってフェイクだということだ。

全体主義、専制国家、独裁政権が悪い、愚か、前近代的で、自由平等、人権を掲げるデモクラシーこそ、人類が到達した叡智みたいな刷り込みはもう全く機能していない。アメリカがいつになるか分からない重装備の提供をウクライナに「約束」しただけで、ドイツが渋っていたはずの戦車提供を許可した。独ソ戦争の悲惨の記憶があるからロシアへのあからさまな攻撃的政策は避けたかったはずなのに。

ヨーロッパは「法治国家」の看板を明らかに降ろしている。
ロシアのウクライナ侵略のすぐ後から、プーチンの娘たちやロシアのオリガルヒたちがヨーロッパで所有する資産を、法的な何の根拠もなく凍結した。

輸出入の「制裁」などはまだ分かるとしても、直接に何の加害もしていない「個人」資産を直ちに凍結したのだ。別荘やヨットに至るまで。

これを見て、今まで「欧米」で資産形成をしていたサウジアラビアなど中東の富豪や、中国、インドの富豪たちは、「欧米」が法治国家などではないと言うことを知ってあわてた。いつ政情が変わるかもしれない自分たちの国よりも、デモクラシーが機能している国に資産を移したり投資した方が安全だという見込みが裏切られたのだ。彼らが「欧米」を警戒し、ロシアに敵対せず自分たち同士で利害を測ることで「デモクラシー」や「自由」を牽制し始めたのは当然だった。

少し前にダボス会議のことを書いたけれど、どんな大金を預けていても、軍隊を総動員してもセキュリティを守ってくれるスイスのような国の方が信用できる、と思っているかもしれない。

人類の歴史はさまざまな「偶像」崇拝の歴史だったし、今もそうあり続けるが、「富」という偶像崇拝が一番悪質で始末に負えない、と思わせられるニュースが続くことに暗澹とする。



# by mariastella | 2023-02-03 00:05 | 時事

機械と人間の共通点は?

ラジオ番組にゲストで招かれていた人がもう一人に「機械と人間の共通点は?」という質問をしたら、相手は返答に困った。

確かに、人間と機械の比較は「違い」を考えてしまうから、共通点はすぐに思いつかない。

答えは「コネクション」(フランス語だったが英語も同じ)だった。

なるほど、機械が機械であるためには、外からの働きかけによる「接続」が必要で、人間もまた、一人では生きていけない「関係性の動物」で、「つながり」を必要とする。
日本語でも「コネがある」という時の「コネ」はコネクションの略で、普通は地縁や血縁などを介した親しい関係を指す。頼んだら必ずきいてくれる、というニュアンスもある。

人間同士の「つながり」からは機械と違って、「体温」みたいなものが連想される。別にフィジカルなコンタクトがなくても、視線やらそれまでの関係の積み重ねなどでできた「信頼」があるかどうかは重要だ。だから機械のコネクションと人間のコネクションは根本的に違う。
つながりと信頼、というと、体温のあるもの(人でも動物でも)を愛撫する時に発動するオキシトシンという幸せホルモンが知られている。愛情ホルモンとか信頼ホルモンという異名もある。

猫の愛撫から得られるオキシトシン効果は有名だ。喉をごろごろ鳴らすのを聞くだけでも癒される「ロンロンテラピー」はフランスでもよく知られている。

私は犬も飼っていたけれど、犬は愛撫するとすぐ獣の匂いみたいなのが手に着くので閉口していた。その点、猫はほぼ無臭だ。しかも、犬は喜ぶと尻尾を振り回したりして落ち着かないけれど、猫は丸くなってくれる。仰向けに全身をあずけてくることもある。猫が「信頼しきった様子」を見るのはとりわけ嬉しくて、犬の比ではない。なぜなら、犬との間でいったん築かれた信頼関係は揺らぎないけれど、猫は大きな音でもしたら飛びあがって逃げていくかもしれない。「コネクション」が安定していないのだ。
警戒心でいっぱいの野良猫や保護猫などを迎えた飼い主が、辛抱強く待って、少しずつ信頼を勝ち得ていくというストーリーは大好きだ。
人間同士のつながりでも、誤解や意見の相違などを乗り越えたり、心身の不調の時期を乗り越えたりしてつながっている場合は、その「つながり」の満足感は大きい。その場かぎりの接触が呼び覚ますオキシトシンだけでなく、それまでの「経緯」「歴史」「困難」などを踏まえたよりいっそうの満足感というのはある。

ある宗教者が「本当の幸福とは相手の幸福だ」と言っていた。「他人の幸福」ではなく、他人を何らかのコネクションのある存在として捉えた時の幸福だろう。「真の喜びとは与える喜びだ」とも言っていた。与えた相手が幸せならば、喜びと幸福の完成だ。善意の活動をする多くの人はそれを実感しているのだろう。

近頃、老化のせいか、手足にある猫のひっかき傷の跡がシミになって残るようになった。そういうアクシデントの「勲章」も含めて、膝でくつろぐ猫を愛撫するのは至福の時だ。こんなに傷だらけにした原因が自分だというのに、気にせずに全幅の信頼をもって体をまかせてくれることに、毎回、毎回、すなおに感謝したくなる。

特に、冬は、ね。


# by mariastella | 2023-02-02 00:05 |



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
『海街diary』(是枝 裕..
at 2023-02-06 00:05
フランス語の駄洒落
at 2023-02-05 00:05
ベトナム戦争
at 2023-02-04 00:02
「民主主義」陣営?
at 2023-02-03 00:05
機械と人間の共通点は?
at 2023-02-02 00:05
フレドリック・ブラウン
at 2023-02-01 00:05
エルサレムの宗教右派
at 2023-01-31 00:05
ダボス会議
at 2023-01-30 00:05
日本館でのコンサート
at 2023-01-29 00:05
宗教二世について考えていたら…
at 2023-01-28 00:05
性同一性障害は「障害」なのか
at 2023-01-27 00:05
闘牛を禁止すべきかどうか
at 2023-01-26 00:05
女子供
at 2023-01-25 00:05
サバンナの動物たちを見て
at 2023-01-24 00:05
ベンフォードの法則
at 2023-01-23 00:02
ゼレンスキー
at 2023-01-22 00:05
戦士「リジューのテレーズ」
at 2023-01-21 00:05
訳が出てこないフランス語
at 2023-01-20 00:05
カルロ・アクティスの母親のイ..
at 2023-01-19 00:05
年末に読んだ小説二作
at 2023-01-18 00:02
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧