人気ブログランキング | 話題のタグを見る

L'art de croire             竹下節子ブログ

エリック・ゼムールのこと

フランスの大統領選に出るとかで、今、急激に一部の人気を集めているエリック・ゼムール。

フランスのトランプとか、インテリのトランプなどと言われているようだ。

中道化して票を失い始めているマリーヌ・ル・ペンの国民連合に代わって、アンチ移民、フランス・ファースト、フランス文化への統合政策を掲げて、ポピュリストだと言われている。

「見た目」が私の嫌いなタイプなのでメディアに出てくるとげんなりするけれど、ある意味でとてもフランス的、共和国的な人でもある。トランプなら金髪碧眼、典型的WASP風だけれど、ゼムールは祖父の代にアルジェリアからフランスに渡ったユダヤ人だ。

祖父は名前もフランス風に変えた。その頃のアルジェリアはフランスの植民地で、ユダヤ人はムスリムと違ってフランス人と同じ権利を与えられていた。

しかも、ゼムールは、アラブ系ユダヤ人でなくベルベル系ユダヤ人で「地中海系白人」の「仲間」だ。

モロッコやチュニジアからフランスに渡って「フランス化」した人が出身国から揶揄したり批判されたりするのと違って、アルジェリア出身のフランス人はまた特殊なアイデンティティを持っている。

で、ゼムールが言うように、彼はフランスの公教育を受けるのと並行して、ユダヤのシナゴクにも通って宗教教育も受けたけれど、ユダヤ教とは「信仰」ではなくて「儀式」「典礼」「慣習」の体系なので(ゼムール自身の言葉)、フランス文化の基礎をなすキリスト教やカトリックと自然になじんだ。フランス文学を学ぶことで「フランス」の伝統擁護者となったわけだ。


ところが、彼は政治学院で超優秀だったのに、なぜかENA(国立行政学院)の試験を2 度落ちてしまった。それがずっとコンプレックスになっていた。1981-85頃のことだ。その上、ジャーナリストとして成功した後も、フランスのエリートグループであるLe cercle de l'Unioninteralliée に入会を拒否された。(1917 年に結成されたもので、フリーメイスンなどよりよほど強力なロビーを形成している。軍人、業界人、貴族の男ばかりが正会員で、パリの一等地にハマムやプールもある建物を有しているサークルだ)

ゼムールはそこで講演した時、してはならない政治的プロパガンダをしたことで入会を拒否され、その後メンバーのことを「ヴィシー政権のブルジョワ」などというSNSを送ったそうだ。


こういう背景を見ると、現在ル・ペンからゼムールに乗り換えたような有権者というのは、アメリカのトランプの人気とは全く別のコンテキストにあると言えるだろう。

彼が実はエリートたちからの差別の対象になっているのか、資産との関係も含めて、「フランスらしさ」「フランス・ファースト」がどう作用するのかは興味のあるところだ。


# by mariastella | 2021-11-30 00:05 | フランス

カテドラルの石垣の言葉

ル・マンのカテドラルの石垣に掲げられていた一コマ・イラストの大型パネル。気に入った。
カテドラルの石垣の言葉_c0175451_04284071.jpeg

「生きることは、嵐が通り過ぎるのを待つことではない。生きるとは、雨の中で踊ることを学ぶことだ。」とある。セネカの言葉だ。
マスクや赤十字マークがあるから、「コロナ禍」という嵐のことを言っているのがフランスっぽいと思う。フランス革命と共和国のシンボルマリアンヌもマスクをつけて踊っている。
カテドラルの石垣の言葉_c0175451_04290468.png


「全ての学校で音楽を教えよう、そうすれば、みんなぎすぎすしなくなるだろう。」とある。
カテドラルの石垣の言葉_c0175451_04292537.png
フランスの小学校ではほとんど音楽の時間がなくてみんな地域の公立コンセルヴァトワールまかせだから大きなことは言えないと思うけれど、これはやはりイスラム原理主義者の音楽教育禁止や敵視のことが念頭にあるから「すべての」が赤線で強調されているのだろう。



# by mariastella | 2021-11-29 00:05 | フランス

ル・マンのカテドラルの朝市

11/7はル・マン旧市街のカテドラルのそばで開かれる朝市に行った。この季節にこのカテドラルを見るのは初めて。

ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04214723.jpeg
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04223233.jpeg
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04225384.jpeg

秋の風情を感じるのはやはりキノコ類。
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04244702.jpeg
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04274931.jpeg
雨よいだったけれどカフェのテラス席もあいている。
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04265363.jpeg

英仏海峡の青ジャガイモ、1900年以前にのフランスの創作。ル・マン近郊のプレヴェルで栽培、とある。どんな味なんだろう。
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04242549.jpeg


これは手前が「牛の心臓」と呼ばれるトマト、後ろが長トマト、
どちらもイタリア原産だがフランスではこのあたりやブルターニュで栽培されているらしい。
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04281239.jpeg
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04261046.jpeg
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04263171.jpeg
これも初めて見た。絨毯のビンテージというのだけれど、いかにも擦り切れて、元のモティーフが全然分からなくなっていて、それが抽象的なモティーフになっていると言われればそうかとも思う。周りの縁を強化しているのだそうだ。でもなんだか使う気になれない。
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04232251.jpeg


ゲランドの塩に何種類もの香辛料を混ぜたもの。これは少し購入した。
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04272507.jpeg

他に買ったのは、前から好きなノネットというお菓子。日持ちするのでクリスマス用にも、
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04561948.jpeg
帰りにはサルトの地元特産物ショップによる。
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04560090.png

最近日本に帰っていないから、日本の空港でお土産用に買う抹茶クッキーとかがもう手元にないので、ちょっとした手土産用にもなるかもと、サブレーっぽいものなどいくつかみつくろった。
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04563488.jpeg
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04565461.jpeg

ヘーゼルナッツとココアを詰めた巻きウェファース
ル・マンのカテドラルの朝市_c0175451_04594302.jpeg

# by mariastella | 2021-11-28 00:05 | フランス

霜の朝

11/6 朝、ル・マン郊外の温度はマイナス2度だった。
朝起きた時に庭一面に霜がおりているのを見て、感激した。

フランドルの田舎でマイナス10 度を体験したこともあるし、パリでもマイナス5 度くらいに下がることもあり、足元が凍って滑りやすくて危険だとか雪が積もって凍るというようなこともある。アルプスのスキー場で雪を見たことももちろんある。

でも、実は、広い庭一面が霜で白く輝いているというのを見るのは初めてだ。
こんな光景がめずらしくない人はたくさんいるだろうけれど、生まれてずっと「都会」暮らしの私にははっとするほど美しく見えた。
実際、写真を撮りまくっていたら、何がそんなに珍しいんだと言われた。

こんな感じ。
霜の朝_c0175451_04194939.jpeg
日が射してくるとすぐに霜は解けて緑が見えるのでその境目がはっきりしているのもおもしろい。
霜の朝_c0175451_04170099.jpeg

うまく撮れないけれど、日が射している部分で樹の影が映っているところはその部分だけ霜が残って白くなっている。
霜の朝_c0175451_04191378.jpeg

近くで見るとこんな感じ。
霜の朝_c0175451_04175176.jpeg
リキッドアンバーの落ち葉も霜で縁取られていて風情がある。
霜の朝_c0175451_04212211.jpeg
霜の朝_c0175451_04204963.jpeg
この日は快晴で、ウォーキングもたっぷりできたけれど、パーティで昼も夜も食べてばかりの日だった。海鮮や鴨のバーベキュー、ボジョレー・ヌーヴォー、普段口にしないものばかりおいしくいただいた。(さまざまなセクターで第一線で働いている人たちと話せて有意義でもあったし楽しくもあったけれど、ショッキングな情報も耳にした。情報格差にも愕然とするし、現実世界の緊張や物騒さにも慄然とする。)



# by mariastella | 2021-11-27 00:05 | フランス

紅葉と猫

うちに着いたら、ポンポンがお出迎え。裏口の紅葉が散っているところを歩いてきた。これは日本のカエデ種だそうだ。
紅葉と猫_c0175451_00584310.jpeg
すぐに横になって伸び。紅い葉っぱがくっついている。
紅葉と猫_c0175451_00590102.jpeg
さらにゴロン。
紅葉と猫_c0175451_00591658.jpeg
お腹にもしっぽにも
紅葉と猫_c0175451_01001095.jpeg

庭に出る。
紅葉と猫_c0175451_01010778.jpeg
この紅葉はliquidambar=リキッドアンバー。
紅葉と猫_c0175451_01015122.jpeg
紅葉と猫_c0175451_01021505.jpeg

池の向こう側から写す。
紅葉と猫_c0175451_01023926.jpeg
紅葉と猫_c0175451_01025791.jpeg
紅葉と猫_c0175451_01031961.jpeg

雨が続いていたので、キノコがあちこちに生えている。
紅葉と猫_c0175451_01033474.jpeg
そこに落ちたリキッドアンバーの葉。10cmくらいの大きい葉が多い。
紅葉と猫_c0175451_01040155.jpeg
冬時間にはいり、もう冬かと暗くなっていたけれど、「秋の色」には癒される。

# by mariastella | 2021-11-26 00:05 | フランス



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
エリック・ゼムールのこと
at 2021-11-30 00:05
カテドラルの石垣の言葉
at 2021-11-29 00:05
ル・マンのカテドラルの朝市
at 2021-11-28 00:05
霜の朝
at 2021-11-27 00:05
紅葉と猫
at 2021-11-26 00:05
秋のサルト
at 2021-11-25 00:05
フランスの高齢者施設のこと
at 2021-11-24 00:05
フランス大統領選とソシアル・..
at 2021-11-23 00:05
久しぶりの「焼肉」
at 2021-11-22 00:05
『評論家たち』ジャン=リュッ..
at 2021-11-21 00:05
最近買った本
at 2021-11-20 00:05
アフターコロナの死生観
at 2021-11-19 00:05
『悪の研究』
at 2021-11-18 00:05
ジュピターの涙
at 2021-11-17 00:05
『神、科学、証拠-ある変革の..
at 2021-11-16 00:05
難民ビジネス  ベルラーシと..
at 2021-11-15 00:05
アメリカの「自殺」とイラン
at 2021-11-14 00:05
イスラム圏の衰退
at 2021-11-13 00:05
アフガニスタンの夕べ
at 2021-11-12 00:05
マイケル・バリー『アフガ二ス..
at 2021-11-11 00:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧