L'art de croire             竹下節子ブログ

藤原真理さんのバッハ

先日、チェリストの藤原真理さんのパリのお宅でバッハの無伴奏を少し聴かせていただいた。

前に聴かせていただいたときになんとなく確認したいところがあったので、今回はヴィオラ用の無伴奏の楽譜を持参したら「なんだかコンクールみたい」と言われてしまった。ごめんなさい。

第一組曲のプレリュードとサラバンドとジーグ、第二組曲のプレリュードとジーグ。

第一組曲のプレリュードは必ずと言っていいほどギターの試験課題曲になっているので同行した仲間のギタリストMにとっては格別新しい地平が開けたようだった。

私ときたら、40年近く前にこのプレリュードをパリの音楽師範(エコール)学校(ノルマル)のギターの試験のために練習した時、フレージングは気をつけていたものの、全くボーイングというものをイメージしていなかったので、今となっては、あれは何だったのだろう、という弾き方をしていた。しかも、弾きながら何の喜びも感じていなかった。

今となってはヴィオラに手をそめてからも20年以上が過ぎ、バッハを弾くのは生理的な快感と切り離せない。私のレベルで私の楽器ですらわくわくドキドキするのだから、藤原さんのレベルで藤原さんの楽器で呼びさまされるバッハは本当に別世界、というか、「本当の世界」が期間限定で啓示される場にワープした感じだ。

しかも、Mが言うように、彼女の弓が弦に触れるとすぐ音が出るのがすごい。

ギターでも、アタックのノイズを消すのは至難の業だ。

爪のやすりのかけ方はもちろん、弦に触れる角度とスピードと「矯め」をいろいろ工夫しても完全には消せない。

藤原さんの弓が触れると、バッハの音がどこか別のところから降臨するように顕現する。

たとえて言えば演奏者と楽器と音楽という三者のトリオのようだ。

そして、長音が空に舞ってエレガントに消えていく軽さと、地に一瞬練りこみながらやはりエレガントに力を抜いて残響に託される低音の対照も絶妙だ。

第一組曲のサラバンドもダンス曲としてかなり変則だなあと改めて思った。

一応サラバンドらしいサラバンドは第二と第六くらいで他のサラバンドの「精神分析」みたいなものをしたくなる。

夏休み、引きこもっているのでテレマンのファンタジア(これは元がヴァイオリン)をもう一度やり直そうと思っていたのだけれど、やはりバッハかなあ。

PS : 数時間、2013年の記事がこの8/4付に移動していました。フランスのゲイの結婚法に思う宗教と社会の話です。元の場所に戻しましたが、読みたい方はこちらでよろしく。
[PR]
by mariastella | 2016-08-05 01:07 | 音楽
<< 母性愛の神話と母性遺伝子 プラシド・ドミンゴ >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
沖縄を考える その6    ..
at 2018-05-24 00:05
『アンナとアントワーヌ 愛の..
at 2018-05-23 00:05
沖縄を考える  その5  ユ..
at 2018-05-22 00:05
ロイヤル・ウェディング、カン..
at 2018-05-21 00:31
近頃思うこと---バレーにコ..
at 2018-05-20 00:05
今さら言ってもどうにもならな..
at 2018-05-19 00:05
沖縄を考える (番外)
at 2018-05-18 01:14
沖縄を考える その4
at 2018-05-17 00:00
エルナンド・デ・ソトのベーシ..
at 2018-05-16 00:05
沖縄を考える その3
at 2018-05-15 00:05
沖縄を考える その2
at 2018-05-14 00:05
沖縄を考える その1
at 2018-05-13 07:14
うかい亭と東京タワー
at 2018-05-12 00:05
美術館の花見
at 2018-05-11 00:05
関頑亭の「胎蔵」
at 2018-05-10 00:05
寒山寺
at 2018-05-09 00:05
タイムスリップ
at 2018-05-08 00:05
高村光太郎の『手』
at 2018-05-07 00:05
御岳渓谷と川合玉堂
at 2018-05-06 00:05
神戸港
at 2018-05-05 00:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧