L'art de croire             竹下節子ブログ

文庫本2冊 加賀乙彦とEMシュミット

c0175451_06535707.jpeg
このところ、執筆していた本の資料ばかり読んでいたので、しかも、マルクス・レーニンの著作とか革命思想についてばかり読んでいたので、これさえ終わったら、何か小説を読もうと決めていた。
他にも読む本はいくらでもあるのだけれど、「小説を読む」というのが一番ぜいたくな感じがする。
しかも、どこでも読みやすい文庫本。

どうせなら、大長編をと思って、ずっと置いてあった加賀乙彦の『宣告』(3巻本)を思い切って手に取る。
興味深いが、確定死刑囚の話なのでどうにも重い。

昔、私の本に、ある人の洗礼名を書いてサインしてくれと言われたことがある。
大阪の拘置所にいる死刑囚への差し入れだった。
死刑反対のパンフレットをもらった。
自分の本が死刑囚の独房で読まれるのかと思うと、何か責任感を感じたことを思い出す。
あの人はどうなったのだろう。

このブログではこことか
ここで書いているように私は死刑廃止論者だ。

他の雑誌にも書いたけれど、人はどうして被害者の側にだけ立って懲罰感情を抱くのだろう。

死刑のある国は、

「もしあなたやあなたの大切な人が殺されたら、あなたの国はあなたの代わりに殺人者に報復してあげますよ」

と言ってくれる国だ。

死刑のない国は、

「もしあなたやあなたの大切な人が殺人者になったとしても、あなたの国は絶対にあなたやあなたの大切な人を殺しはしません」

と言ってくれる国だ。

私は2番目の国に住みたい。

親が子供に「たとえ全世界がお前を罰しようとしても私だけは絶対に守ってあげる」と言うみたいな、人生のベースにおいての絶対肯定感をもらえて生きたい気がするからだ。

というわけで、読み続けてはいるがあまりにも気が重くなるので、並行してフランス語の文庫本も読むことにした。
お気に入りのエリック=エマニュエル・シュミットの『顔の向こうが見えていた男』で、ものすごく奇妙な物語だ。
教会のミサが終わって人々が出てきた所に起こるテロ。目撃した主人公は人の顔の向こうに、霊や天使や悪魔が見えるという超能力がある。それを使って探索が続く。
宗教と暴力、テロリズム、愛と哲学…。2016年に書かれた手記が作者のところに送られて、それが10年後に出版され、さらに2060年に作者の生誕100年に義理の娘の手で付記されて…という複雑な構成だ。シュミットは本当に転生のストーリーテラーだなあと思う。








[PR]
by mariastella | 2018-03-12 00:05 |
<< 新聞の値段が男と女でちがった日 MoMA in Paris  その4 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧