L'art de croire             竹下節子ブログ

修道経済 その1

今読み始めた本は非常にユニークで、すばらしいものだ。

私は、次に出す本の中で、神、金、革命の関係とイデオロギー化、偶像化について、近代以降の世界が抱え続けているジレンマの分析や問題提起をしているが、具体的な「解決策」については例を挙げていない。むしろ、失敗例を積み上げる中からあるべき形を示唆はしているが、今現在の「成功例」は、長いスパンでどうなるか分からないので書いていない。

そんな私の問いの一部に答えてくれる本が出た。

『修道経済』という、学術論文をベースにしたものだけれどわかりやすく説得力がある。

本はこういうもの。

c0175451_03562987.png

これについての著者インタビューの1010答の記事が分かりやすいので、これから10回に分けてそれを紹介していくことにする。

まず、本と著者について。


著者はブノワ=ジョゼフ・ポンスといって、フランスのエリートコースであるエンジニアのグランゼコールを出た後、食品ミクロ生物学の研究者として生産業に従事、その後で、薬学化学の企業トップになった。リタイアした後で、経済学と神学を学んで博士号を獲得。その博士論文がこの本のベースである。現在はリヨンのカトリック大学で教えている。


本の内容。

修道経済は代替経済の一つになり得るか? 

地球のエコシステムの中で人類が最も調和的に活動していくことを視野に入れて社会全体が緩慢に少しずつ豊かになるために可能なモデルの一つとして修道経済を考えることはできないだろうか?

この本は2つの調査に依拠する。

まず、現在の修道院の創設基盤となった夥しい文書の渉猟。

次に、フランスのベネディクト会とシトー会の修道士、修道女たち20人へのインタビュー。

このインタビューの中から、エコロジーの問題の特別な面が見えてきた。

インタビュー調査は、その後、4つの軸を立てて分析される。

財産、時間、空間、他者。

修道経済のふたつの特徴は、私有財産の放棄と必要経済だ。

この2つは、今の我々に労働の意味、報酬、為政(ガバナンス)について目を開かせてくれる。



と、これだけでは分からないので、次回から著者インタビューを少しずつ訳していく。


近刊の本でも、何度も、初期キリスト教徒の原始共産制と近代の共産主義を比較した。

いわゆる東西冷戦は「自由主義経済」が「社会主義経済」に勝利した形で終わったが、その後の歯止めのない新自由主義経済が深刻な環境破壊や貧困の増大につながったことは誰でも知っている。

修道経済は、もう一つの経済活動の可能性を示唆するものだ。


ちょうど、政治と倫理学に関するヒューマニズムの分野で、

リベラル資本主義と

マルクス主義、アナーキズムとの

中間にある3つ目の道としての

「ペルソナリズム」の模索と軌を一にする。


(ここでいうペルソナリズムとはエマニュエル・ムニエが提唱したもので、最重要価値は一人一人の人格の尊重にあるとした大陸ペルソナリズムであり、アメリカのパーソナル・イデアリズムとはまったく別のものなので要注意。)

(続く)




[PR]
by mariastella | 2018-04-21 00:05 | フランス
<< 修道経済 その2 『フランス組曲』2014 ソー... >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧