L'art de croire             竹下節子ブログ

沖縄を考える その3

まず、最初の観光ハイヤーの安慶名さん。


姓が沖縄っぽかったので、地元の人だと判断し、朝鮮半島の南北会談のすぐ後だったので、それを話題にふってみた。


「南北会談の平和宣言よかったですね、沖縄の人は歓迎しているでしょうね。北朝鮮のミサイル危機がなくなったら、もう基地も迎撃ミサイルも必要ないのでは」


というと、あっさりと、「朝鮮は関係ないです」と言われた。


「問題は尖閣ですから」と。


朝鮮戦争の時も、ほとんどは九州の基地から出撃したので、沖縄は限定的で、もちろん「特需」もなかった、という。


トラウマはなんといってもベトナム戦争だったという。最盛期には多くの兵士がやってきて来て、戻ってこなかった。治安も悪くなり、B52が飛び交うのを見て育った。

沖縄返還時は12歳だった。


復帰は嬉しかったが、「祖国復帰」の祖国という感覚はない。ただひたすら、基地がなくなることを望んでいた。復帰したら米軍がいなくなると思った。ところがそうはならず、むしろ増えた。怒りに震えた。


「祖国愛」などはない。祖国アイデンティティは親や祖父母の代で終わっている。

祖父母、叔父らは戦死した。自分は日本語教育を受けたが、親の時と違ってもう国家主義のない時代だったので、愛国意識もない。


中国との付き合いの方が長い。薩摩への悪感情は根強かった。

日本名と沖縄名と二つ持つこともある。琉球奄は奄美三文字姓が多いが、薩摩は奄美の性を一文字の中国風にして、幕府に対して独立国である振りをさせた。

農漁業に関わる民俗宗教行事はずっとあった。王は仏教徒だったけれど、知的なアプローチだった。(最初は漂着した日本の仏僧によって仏教を知った。後に朝鮮から大蔵経を譲り受けた。)
27
年も統治してキリスト教が根づかなかったのは驚きだとアメリカ人がいう。

明治以来、神社もできたが、七五三とか初詣は今もするが、生活上の信心は昔と変わらない。豊作とか大漁を祈る。

Okidemaプロジェクトというサイトを読んできたのですが、と言うと、「ネット情報は保守も革新もかたよったものが多い」と言われた。じゃあ、辺野古の基地反対運動はどう思いますか、と聞くと、

普天間を変換してくれるという合意があるから辺野古へ移転だったのに、辺野古がいつまでもできないから、普天間は返還されない。

翁長さんは結局何もできなかった。

それならばまだ、自民党を通した方が政府に声が届く、だから名護市長戦の流れが変わった、

もう、辺野古の反対はやめて、ともかく普天間の返還を実現してほしい。毎日のリスクが大きすぎる、という返事だった。

「普天間の返還合意など守られるはずがない」という認識はないようだ。

とにかく、基地がなくなることだけが願いだ、という。

米軍基地がなくなっても自衛隊がそのまま使うのではと聞くと、自衛隊なら事故があっても調査もできると補償もあるし、規律もあるから話がまったく違う、と言う。もっともだ。


基地経済との関係はどうですか、と聞くと、観光産業が圧倒的に上まっているから、基地がすぐになくなってもまったく困らない、とのことだった。とにもかくにも基地がなくなってほしい。


首里城についていろいろ教えてもらう。

戦争で焼けたので、最初から残っているのはこの湧き水の竜の口だけで、

c0175451_21260101.jpeg
そこから引いた水で作った池の上に鯉のぼりが舞っていた。

その池は各国の使節の接待に使ったもので、琉球国にはいわゆる軍隊というものがなかった、朝貢、接待と外交のみで生き延びていた、と言う。

軍隊がなく外交のみで処世していた国が「基地の島」になったとは本当に皮肉で気の毒だなあ、とその時は思ったけれど、15世紀に沖縄を統一した覇者の中山(ちゅうざん)の巴志は、もちろん武力で豪族たちを攻め破ったのだ。

それに、後で購入して読んだ『琉球王国の歴史(月刊沖縄社)』によると、1816年にイギリス艦隊が停泊して礼砲を撃った時は、「いざとなったら鐘を鳴らすから首里那覇の15歳以上の男子は竹槍を持って集まれ」と、王府は130年後の沖縄戦と同じ命令を発していたそうだ。

c0175451_06525541.jpeg
(この本はすごくよくまとまっていて分かりやすい。これを読んでいると、沖縄という補助線なしに語られた今までの日本史って一体何だったのだろう、と思う。鎖国時代から、ペリー来航まで、歴代の中国王朝、台湾、朝鮮半島、欧米との関係など、沖縄を視野に入れることなしには大きなものがすっぽり抜けるのが分かる。今の沖縄県が日本の領土と領海にとって持つ意味も実感できると同時に、人間の自由な移動や交易の歴史とその保障の大切さがあらためて理解できる。)


観光ハイヤーを使う人の中には、戦跡を回る人や、基地関係の取材もあるそうだ。

秋の知事選の見通しなどもいろいろ話してくれた。

こういう政治の話でもすぐ答えてもらえるということは、沖縄の方はどなたでも基地問題についていつも考えていらっしゃるのですか、と聞くと、それは、日常的によく話したり考えたりしている、ということだった。

なるほど、さすが沖縄、と思ったのだが…。(続く)


[PR]
by mariastella | 2018-05-15 00:05 | 沖縄
<< エルナンド・デ・ソトのベーシッ... 沖縄を考える その2 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧