L'art de croire             竹下節子ブログ

ブルゴーニュ  その12 ヴェズレー 3

ヴェズレーのバジリカ聖堂は、建築的に見ると、19世紀にヴィオレ=ル=デュックによって修復された本堂の柱列の柱頭彫刻群が何といってもすばらしい。

c0175451_07370225.jpeg
最初のロマネスク様式と後ろのゴシック様式の組み合わせも天井部分ががらりと変わるのが圧巻だ。

ロマネスクからゴシックを見るとこう。

c0175451_07353747.jpeg
ゴシックからロマネスクを見るとこう。
c0175451_07362779.jpeg

グループでやってくる巡礼仕様にできているので、本堂に入るまでに広いナルテックスがあり、そこがいわば俗世間と聖なる空間の中間地帯ということになっている。

ナルテックスから本堂に入る時の中央上のタンパン彫刻が、外部にある最後の審判図と違って、あらゆる人に伝えられる福音ということでフォークロリックに見ても非常におもしろい。

c0175451_07345660.jpeg
ひと昔前なら、このブログでそういうことすべてをいろいろ解説するところだけれど、多くの写真集や研究書が存在するし、何よりも今は、ネットでいろいろ検索できるから、スルーする。

で、すぐに、地下聖堂(クリプト)へ。

これがこの地をメジャーにしたかの有名なマリー・マドレーヌ(マグダラのマリア)の聖遺物なのかと言われれば、そうではない。この聖堂も、聖遺物も、何度も、壊され、奪略され、それでも復活してきた。

イタリアのアッシジのフランチェスコのバジリカ聖堂やら、聖女リタの聖遺物があるカスシアの聖堂などとは違う。ユグノー戦争とフランス革命の傷は深い。

それでも、巡礼者のほとんどはそもそも聖遺物の「真偽」など気にしない。

それぞれの個人史の中で、それぞれの形で、奇跡があり、ご利益があり、信仰心が高まり、イエス・キリストとのつながりを感じ、生きるエネルギーがもらえ、宇宙の神秘に浸ることができればいいからだ。

地下墳墓といっても、掘れるような土はなく、床はそのまま岩盤だ。

c0175451_01344055.jpeg

柵の向こうに聖遺物が。

c0175451_01320343.jpeg
c0175451_01285903.jpeg

c0175451_01323390.jpeg

その前には願い事を書くための紙と鉛筆が置いてあり、カゴに入れておくようになっている。

典礼的にはその反対側にあるこの祭壇がもちろん一番「偉い」。

c0175451_01350611.jpeg

でも、マグダラのマリアの聖遺物からは、トスカーナの「不可能案件の聖女リタ」の遺体が放っているようなオーラは感じられない。


ヴェズレーのこの聖遺物は、必死で祈る巡礼者の姿なしには、「賞味期限」が切れているのでは、などとさえ感じられる。


「モノ」ではなく、ここからサンチアゴ・デ・コンポステーラに向かうという「コト」がヴェズレーに息を吹き込み続けているのだろうか。 (続く)


[PR]
by mariastella | 2018-09-05 00:05 | フランス
<< ブルゴーニュ  その13 ヴ... ブルゴーニュ  その11 ヴ... >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧