L'art de croire             竹下節子ブログ

ヴィム・ヴェンダース『フランシスコ教皇Pope Francis - A Man of His Word』

先日、今年のカンヌ映画祭で上映されたヴィム・ヴェンダース監督のドキュメンタリー映画『フランシスコ教皇PopeFrancis - A Man of His Word』を観た。


クローズアップのインタビューが主ということでそんなに期待していなかったのだけれど、映画館を出るときには、キリスト教徒に、ではなく、環境保護者になっていた。


ゴミの山やプラスティック廃棄物、また廃品回収のスラム街などの圧倒的な描写を映すドキュメンタリーは他にもあるだろうけれど、それにかぶせて「母なる地球を殺した」と何度も言われると罪悪感と絶望感にとらわれる。それでも、「キリスト教では、未来はひとつの名前を持っています。それは『希望』です」と言われると、「希望を持ってもいいの?」と謙虚な気分にもなる。

ヴェンダースにドキュメンタリー映画の白紙依頼が来たのはフランシスコ教皇が選出された2013年の末だそうだ。ヴァティカンとしての公式の依頼ではなくましてや広報映画ではない。

ヴェンダースはカトリックですらない。

で、「どうして私が?」と聞くと、「ベルリン・天使の詩』です」というのが答えだったそうだ。

映像の美しさなのかとも思ったけれど、天使が単にメッセンジャーとして傍観するのではなく、世界に飛び込んで変革する意志のところなのだろう。

ヴェンダースにとってその映画は宗教映画ではないけれど霊的な映画であることは間違いない。

彼は「多くの面で宗教は信仰の敵になり得る」と思っていたが、この映画の責任を引き受けることは、結果的に自分の信仰告白になったとも語る。

それだけではなく、ヴェンダースは、「キリスト教と社会主義の両方の教養と感性を持っている人」として選ばれたという。すでにフランシスコ教皇の「社会主義的感性」が明らかになっていたからだろう。

ヴェンダースはデュッセルドルフのマジョリティであるカトリック家庭の生まれで、16歳の時には司祭になろうと思っていたそうだ。

その後、ロック・ミュージックやフランスの685月革命の影響を受けて社会主義を信奉する学生となり教会を離れた。ドイツは税金の申告に所属宗教を書かせて「献金」を代理徴収する国だから、教会を離れるというのは足が遠のくというのでなく、はっきりとカトリックから離脱したということだ。

1970年代には精神分析を続けて受けて、仏教に興味を持った。この辺も、この世代のヨーロッパのインテリ左翼の王道でもあるが、「無神論者」にまではなれなかったのは、精神分析を必要としたことからも分かる。その後で父と兄を亡くしたことからまたキリスト教に接近してプロテスタントの信者となった。「死」への通過儀礼における宗教共同体の重要さが分かったのかもしれない。

ヴェンダースが影響を受けたのはオーストリア出身のユダヤ系哲学者マルティン・ブーバーで、「対話の哲学」などの痕跡が彼の映画に感じられる。

カトリックではアメリカのフランチェスコ会士であるリチャード・ロアを愛読しているという。


リチャード・ロアは多作で宗旨を超えた人気作家だけれどなぜかフランス語にはほとんど訳されていない。発想は自由で、「神」を頂点に据えて被造物の傍観者のような図式を作ったのはアリストテレス哲学の影響で、それが神と人間の交わりを阻害してきた。神とはそれ自体が三位一体という関係性であって、創造と恵みと愛は絶えることのない奔流のようなものだという。

ということで、ヴィム・ヴェンダースは、聖フランチェスコの名をはじめて選んだローマ教皇の勇気に感心した。さらに、フランシスコ教皇がアッシジのフランチェスコの精神を忠実に生きていることに驚き、共感して、それをこの映画ですなおに表現した。カトリックの御用映画だと思われないように中立性を求めて距離を置くとか批判的な目を向けるというようなことは一切していない。そもそも自分はカトリックの信徒ですらないのだから。


だから、この映画の中でフランシスコ教皇が、軍事・武器のビジネスを一切廃止せよとか、我々はモノやカネを蓄積するのでなくもっとシンプルに生きていけると言う時、全ての人の友愛や平等を説く時、かえってまっすぐにメッセージが飛び込む。

こういうことを民主主義の建前を掲げている全ての国のトップに立つ人々にぜひ繰り返し聞いてもらいたい。

今の風潮では、他の人が同じことを言っても、「現実を見ないお花畑」などと切り捨てられることが多い。

でも私たちにはいつも、アッシジのフランチェスコが必要だ。

そうしないと、本当に、

この世界から風にそよぐお花畑が消滅してしまう。


[PR]
by mariastella | 2018-09-30 01:20 | 映画
<< 沖縄県知事選挙 21歳の日記 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧