L'art de croire             竹下節子ブログ

ローマ教皇と北朝鮮

北朝鮮の金正恩がローマ法王を招待する、熱烈歓迎する、と言ったことが日本でも報道されていた。

確か日本政府も来年の教皇来日を計画していたはずだ。

ひょっとして北朝鮮訪問とセットになるなら、いったいどういう反応が起きるのか見ものだ。

世界的に人気のあるフランシスコ教皇は、2014年に最初のアジア訪問先として韓国を選んだ。その時期をチェックするために日本語のネットを検索したら、いわゆる「嫌韓」の記事が出てきたのには驚いた。

空港に着いた教皇の迎えが大衆車だったのが失礼だとか、教皇が土下座している銅像をつくったとか、教皇が韓国人に苦言を呈したとか、いろいろある。

もともと韓国はキリスト教の人口が多く、カトリックも重要なポジションだ。どうしてそうなったかについては、『神と金と革命がつくった世界史』の中に書いた。

で、2014年は朴槿恵大統領の時代で、彼女もミッションスクールで学び中学生の時にカトリックの洗礼を受けている。今の文在寅大統領はさらに信仰篤いカトリックとして知られていて、就任後すぐにバチカンを訪れている。教皇の「対話外交」にインスパイアされていると言われる。

で、今回、9月の3度目の金書記長との会談には韓国司教会議議長でもある光州大司教を同行した。そこでこの招待が話題になったということで、金書記長は教皇に平和のメッセージを知ってほしいと言ったという。1018日にバチカンに行く文在寅大統領からこの北朝鮮のメッセージが教皇に伝えられる、ということらしい。

このことについて教皇がどう反応するかと問われたバチカンの広報官は「まず招待が来るのを待ちましょう」と答えた。

北朝鮮とバチカンにはもちろん外交関係はなく、公式には無神論体制で宗教は完全に国家に統制されている。けれどもバチカンの外交官と北朝鮮の代表者が非公式にすでに何度か話し合っているという。

20世紀はじめには「アジアのエルサレム」とまで呼ばれた首都平壌の中心地にある唯一の教会の香部屋にはローマを訪れた韓国人の信徒たちがヨハネ=パウロ二世と握手している写真が掲げられているという。韓国教会の司教や司祭たちもこの教会を訪問しているし、何よりも、人道支援の交流で活躍している。2017年には北朝鮮の外交官が、「カトリックの人道団体の支援活動は、スパイを送り込む他の大手人道組織よりも正直で真摯で効率よく、いい仕事をしている」とフランスのカトリック・ジャーナリストに語った。

宣教司祭たちは北朝鮮の医師などと宗教について語ることもあるがもちろん「宣教」「布教」は禁じられている。と言っても、今のカトリック教会、今の教皇の考えは、布教でなく相互理解、対話、平和共存が郵船なので、「秘密の布教」をする必要も心配もないわけだ。


どういう形であれ、ローマ教皇が東アジアの平和に貢献してくれることを願うばかりだ。


[PR]
by mariastella | 2018-10-11 00:05 | 宗教
<< 『I feel good』KE... マクロン、オンフレイ、ディオゲネス >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧