人気ブログランキング | 話題のタグを見る

L'art de croire             竹下節子ブログ

黄色いベスト運動とフランス革命

12/10、マクロンがようやくTVで13分間、反省の弁と最低賃金の100ユーロ上乗せなどを語り、今の状況を「経済的社会的緊急事態」と形容した。「黄色いベスト」という言葉は一言も発していない。
マクロンのことだから、どういう巧みな言辞を弄するかと思ったら、まあ、過不足ない感じだった。これだけでは全然ダメ、高速道路の値上がりもタバコ税の値上がりも1月から決まっているのだから、と息巻く「黄色いベスト」の反応もあれば、これで、「黄色いベスト」と純然たる「壊し屋」とを区別して対応できるという歓迎の声もある。

マクロンは、デモをするのは憲法で保障された権利だが、いかなる理由があるにしても、店を襲ったり、警官や公務員、国の公共財産(市役所や凱旋門の中身が荒らされたことなど)を傷つけることは許されない、と言っていた。

では、「フランス革命は?」とも思ってしまう。バスチーユ監獄が破壊されたし。

メールで、日本のフリージャーナリストが単身パリに乗り込んでレポートしている記事を読んだことを知らせて心配してくれる人がいた。このジャーナリストはパレスティナなどでもレポートしていて私も興味深く読んだことがあるし、沖縄知事選の結果も真っ先にそこで知った。

で、世界一物価の高いフランスに来て大赤字になりそうでカンパを募っているのだが、彼のレポート写真とは、パリの銀行やスタバのガラスが割られているもので、ネオリベ富裕層のシンボルである銀行とアメリカ資本のグローバル化のシンボルであるスタバが狙われた、という文脈だった。

正直いって、赤字覚悟でパリに来るメリットはないなあと思った。パレスティナやロヒンギャ難民キャンプとは違って、フランスではジャーナリズムが機能しているから、地方の動きを含めて、リアルタイムの情報もリピートもあふれている。

「スタバはアメリカ資本だから狙おう」なんて発送する「黄色いベスト」などいないだろう。
先週土曜に襲われたのは庶民的な街でのメガネ屋とスポーツ用品だったし、中心街で時計や宝石店が襲われるのは、前にも書いたけれど、残念ながら、ほぼプロの「壊し屋」集団の常で、今回は興奮した「黄色いベスト」のメンバーの一部が確かに加わったという感じだ。
(それに「破壊」は土曜日限定で、日曜のデパートは人があふれ、ジョニー・アリディ葬儀の一周年のミサも地方からも押し寄せるファンでマドレーヌ寺院と周辺は満杯だった。数年前のテロの厳戒態勢などに比べると比べ物にならないリラックスした光景だ)

「黄色いベスト」の怒りはまさに「新しい政治をやると言って直接選挙で選ばれたくせに上から目線で富裕層ばかり助けている」というマクロンと政府に向けたもので、警官や「共和国のモニュメント」を攻撃しろ、ぶっ壊せ、という意志を表明した「確信犯」は少なくない。

その意味では確かに「フランス革命」の精神を踏襲している、というか、その正当性があるという意味の「確信犯」だとも言えるだろう。で、日本のフリージャーナリストが自腹で「革命の現場」をレポートしに来たのだろうけれど、すでにもっとインパクトのある破壊シーンが出回っているのに、個別のつっこんだインタビューもできないで恣意的に切り取るのは無駄?で的を外している気がする。もっと別のところで貴重な情報を集め続けてほしい。

でも、ともかく、このような「暴力」と「破壊」のエスカレートがマクロンの譲歩を引き出したのは事実だ。

今の私は絶対非暴力主義だけれど、カトリックの歴史の中で興味深い例を引いた記事を読んだ。(続く)



by mariastella | 2018-12-12 00:05 | フランス
<< クリスマスマーケットのテロ (... レース入り物差し >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧