人気ブログランキング | 話題のタグを見る

L'art de croire             竹下節子ブログ

Coexister 共に生きる

宗教ネタコメディなので観ることにした。2017年、イスラム教のイマムとユダヤのラビとカトリックの司祭のトリオで歌わせる企画を思いついた音楽プロデューサーの話で、ドタバタの末、ハッピーエンドに終わる。



フランスではその前に、カトリックの司祭や修道士が歌う曲が爆発的にヒットした。

(こういうの)

この映画でもそれをふまえて、今度はカトリックとユダヤとイスラムで、と、プロデューサーが思いついたわけだ。


監督のファブリス・エブエはスタンダップ・コメディアンで、黒人の父を持つことからアフリカのエリートをネタにしたコメディも作っている。

彼の父はカメルーン出身のエリートで、フランスで医学を修めた医師であり、母親は歴史のアグレガシオンを持ったフランス人の教師だ。エブエは、黒人でカトリックでありながら、別れた妻はモロッコ出身のムスリムという、自分自身が「多様性」のシンボルのような人だ。そのエブエ自身がシナリオ、監督の他に、映画の中の音楽プロデューサーを演じている。

TVで試聴した時、10歳以上禁止のマークが出ていたのでなぜだろうと思ったら、まあ、宗教者のカリカチュアとセックスを結びつけているシーンが露骨で悪趣味だからだろう。その意味で、やはり宗教と多様性などのカリカチュアでヒットした「神様に何をした ?」に通じるテーマなのに、やや間口を狭くしてしまっている。


ただ、ポリコレを真っ向から笑い飛ばすこういう映画って、やはりフランス的だなあと思った。



franchouillard(フランシュイヤール)という言葉がある。フランス人の悪い癖、みたいな自虐的表現だけど、こんな映画を観ると、笑って絶賛する人と侮蔑する人に分かれるようだ。

「共に生きる」に戻る。

映画の中で、歌える聖職者をスカウトするのに、やはりフランスではカトリック教会が手っ取り早い。いろいろな教会を回って、田舎の教会でポジティヴ・オーラを放つブノワ神父を見つける。

音楽が基本的に軽んじられるイスラムのイマムはリスクが大きいので、酒飲みで女好きのアラブ人歌手を調達した。ユダヤのラビは、昔グループで歌っていたのだが、新生児の割礼に失敗してトラウマで鬱になっていたところを探し当てた。それぞれ、はじめは断っていたが、経済的必要に迫られてOKする。

イマムの役をする歌手には酒やコールガールを毎日あてがわなくてはならないし、トラウマの発作が起きるイマムには、彼の愛用する「死海の塩」を基にした吸引剤にそっと大麻を混ぜてハイにするなど、めちゃくちゃなのだけれど、唯一カトリックの司祭だけが、教会の修理費用を捻出するためにこのプランを成功させようとみなをなだめる。彼は『人生は長く静かな河』のブルジョワたちを鼓舞する神父を演じたパトリック・ブシテー(「イエスは戻ってくる」の歌がヒットした)とそっくりで、一瞬、カリカチュラルで偽善的な神父に見えるけれども、本当にまじめなのだ。それでも、田舎司祭の生活から突然ショービジネスの世界に放り込まれて、プロデューサーの女性アシスタントの悩みを聞いたりしているうちに本気で彼女を好きになる。「偽善的な神父が欲望に負けた」というより、その後で還俗して彼女と結婚するなど、イマムや偽ラビ同様、スタンダップ・コメディの悪趣味ぎりぎりのところでヒューマンドラマの可能性も残しているといったところだ。

お手軽な「多様性」「共に生きる」をビジネスにするというのがテーマだけれど、やはり、監督であり音楽プロデューサーの役を演じるエブエ自身が、黒人ハーフでありソフトな独特の味を出しているのがおもしろい。


ビデオクリップの試行錯誤とか、音楽シーンは楽しく視聴できたので後悔はしなかったけれど、やはり「フランス」以外の場所でお笑いを取るのは難しいだろうなというところだ。


by mariastella | 2021-09-08 00:05 | 映画
<< 『世界のすべての数学』 パラリンピックの違和感 もうひとつ >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
エリック・ゼムールのこと
at 2021-11-30 00:05
カテドラルの石垣の言葉
at 2021-11-29 00:05
ル・マンのカテドラルの朝市
at 2021-11-28 00:05
霜の朝
at 2021-11-27 00:05
紅葉と猫
at 2021-11-26 00:05
秋のサルト
at 2021-11-25 00:05
フランスの高齢者施設のこと
at 2021-11-24 00:05
フランス大統領選とソシアル・..
at 2021-11-23 00:05
久しぶりの「焼肉」
at 2021-11-22 00:05
『評論家たち』ジャン=リュッ..
at 2021-11-21 00:05
最近買った本
at 2021-11-20 00:05
アフターコロナの死生観
at 2021-11-19 00:05
『悪の研究』
at 2021-11-18 00:05
ジュピターの涙
at 2021-11-17 00:05
『神、科学、証拠-ある変革の..
at 2021-11-16 00:05
難民ビジネス  ベルラーシと..
at 2021-11-15 00:05
アメリカの「自殺」とイラン
at 2021-11-14 00:05
イスラム圏の衰退
at 2021-11-13 00:05
アフガニスタンの夕べ
at 2021-11-12 00:05
マイケル・バリー『アフガ二ス..
at 2021-11-11 00:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧