人気ブログランキング | 話題のタグを見る

L'art de croire             竹下節子ブログ

『 Médecin de campagne (2016)』トマ・リルティ/フランソワ・クリュゼ

トマ・リルティ監督フランソワ・クリュゼ主演の『 Médecin de campagne (2016)(村の医者)を視聴。



日本のネットで検索したら全く出てこない。トマ・リルティ監督のものではこの映画の前作で研修医の生活を描いた『ヒポクラテス』という映画が紹介されているだけでだ。フランソワ・クリュゼは『最強の2人』で日本でも有名だと思うのにこの映画はスルーされている。

確かに、フランスの地方で病院も近くになく、専門医もいないで、たった一人の総合医が村人全部を診察しているという状況に似たものが、日本であるのかどうかよく分からない。

でもフランスの小さな村をよく知っている私には、とてもリアルで実感があり、感動ものだった。 


生活保護の申請の方法まで教えてやり、往診した家の入口に脱ぎ捨ててあった運動靴の左右の底の減り具合がいびつなことに気づいて、その靴の主である少年の体の歪みの検査を進めるなど、村人の暮らしにぴったり寄り添う医師ヴェルネルが主人公だ。

夜も昼も休日もなく働く彼を見て、ひとり息子は医師になるつもりはなく、パリにいる母親のところに行って建築士の道に進んだ。

そんなヴェルネルが、脳腫瘍で肺にまで転移していくことになる。

彼はそれを誰にも言わない。化学療法だけ受けている。

腫瘍医は、彼のアシスタントとしてインターンを終えたばかりの女性医師ナタリーを送り込む。でもナタリーはヴェルネルの病気のことは知らない。

ヴェルネルは村人たちには分け隔てなく謙虚だけれど、ナタリーに対しては、自分の病気の不安を打ち消すためもあってマッチョな態度をとる。


でもナタリーは若い新米医師ではなく、10年も看護師として働き、緊急病棟での体験も積み、その後あらためて医師の資格を取ったベテランでもあった。


この撮影時の実年齢は、クリュゼが60歳、ナタリー役のマリアンヌ・ドゥニクールが50歳、監督のリルティが40歳。リルティ自身が総合医であり、研修医の時に医療過疎地域の「村医者」になった。(フランスの医学コースは非常に狭き門で、国立大学だけの10年コースしかなく、国家試験が終わっても博士号取得まであらゆるタイプの研修が続く。「研修医」というのは実践力だ。)

この映画はそういう医療過疎地域への問題提起でもあり、とにかく迫力がある。

撮影した村の人々も出演していて、それもリアルだし、病院や診察のディティールももちろん説得力がある。


この映画のために実際に村医者の往診について行ったりしたというマリアンヌ・ドゥニクールの演技は素晴らしい。フランソワ・クリュゼが、自分の病気、ナタリーへの複雑な気持ちなどを抱えて頑固になっていくヴェルネルを名演しているのはもちろんだ。


こんなヒューマンで、誠実で、善意に満ちている映画を酷評するジャーナリストがいるのかと調べたら一人いて、村の生活の過酷さと人間味を組み合わせたのがステレオタイプで上から目線で、男の頑なな心が女のやさしさによって溶けていくというのが不愉快だというのがあった。女性ジャーナリストで、これはフェミニズムの視線だなあと思う。


私にとっては、今時、人の善意を感じられる映画というのは貴重で、視聴して本当によかった。


by mariastella | 2021-09-27 00:05 | 映画
<< 『夜8時の訪問者 La fil... コクトーとピカソの文通 Cor... >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
エリック・ゼムールのこと
at 2021-11-30 00:05
カテドラルの石垣の言葉
at 2021-11-29 00:05
ル・マンのカテドラルの朝市
at 2021-11-28 00:05
霜の朝
at 2021-11-27 00:05
紅葉と猫
at 2021-11-26 00:05
秋のサルト
at 2021-11-25 00:05
フランスの高齢者施設のこと
at 2021-11-24 00:05
フランス大統領選とソシアル・..
at 2021-11-23 00:05
久しぶりの「焼肉」
at 2021-11-22 00:05
『評論家たち』ジャン=リュッ..
at 2021-11-21 00:05
最近買った本
at 2021-11-20 00:05
アフターコロナの死生観
at 2021-11-19 00:05
『悪の研究』
at 2021-11-18 00:05
ジュピターの涙
at 2021-11-17 00:05
『神、科学、証拠-ある変革の..
at 2021-11-16 00:05
難民ビジネス  ベルラーシと..
at 2021-11-15 00:05
アメリカの「自殺」とイラン
at 2021-11-14 00:05
イスラム圏の衰退
at 2021-11-13 00:05
アフガニスタンの夕べ
at 2021-11-12 00:05
マイケル・バリー『アフガ二ス..
at 2021-11-11 00:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧