L'art de croire             竹下節子ブログ

2018年 05月 31日 ( 1 )

『サウルの息子』ネメシュ・ ラースロー

最近TV2本の映画を続けて観た。

そのひとつ。

2015年のカンヌでグランプリに輝いて世界中で評価された『サウルの息子』。



もうこういうナチス告発ものは見ていて気が重くなり暗くなるのでスルーしていたkだけれど、アウシュビッツ-ビルケナウの収容所内での出来事という何度も告発されてきた映画とは別のテイストで最後まで見てしまった。


ハンガリー人の監督ネメシュ・ラースローの初の長編映画ということにも驚く。


しかもたった一人の主人公(ゾンダーコマンド=ナチスの側で働かされているユダヤ人)の心の動きと、それが、課せられているルーティーンを超えさせていく僅か一日半の出来事をすごいリアリズムで描いている。


ハンガリーという視点を入れたことで、収容所におけるドイツ語とポーランド語とハンガリー語、ユダヤ教の共通の祈りのことなど、複雑な「ことば」の世界がはっきり分かる。

監督は、少年時代からずっとフランスで暮らし、もちろんバイリンガルで、「映画」文化的には完全にフランス風の人だ。実際この映画もフランス語で撮るフランス映画になるかもしれなかった。

結局、ハンガリー語にこだわり、主役の俳優もアメリカ在住のハンガリー人を起用し た。

存在感がある。

ハンガリー語を通じて、やはりナチスに協力させられているハンガリー人医師が主人公に協力してくれる。

主人公のサウルという名はイスラエル最初の「王」の名で、姓のアウスレンダーというのが「外国人」という意味であることもシンボリックだ。


ゾンダーコマンドは70人ほどいて(時々殺されて入れ替えられる)、頑健で専門技術があり、食事もよく、衛生状況もいい。その現実と、同胞を獣のようにガス室に送りその遺体の始末をすることの落差の中でみなが心を病んでいる。


この映画ではじめて知ったのは、働く女性でレジスタントに関わる人がいてゾンダコマンドのレジスタントの試みと連絡を取っていたということだ。

この女性たちの、はユダヤ人女性から選ばれて収容所で働いているのではなくて、ポーランド人レジスタント女性闘士だと思うのだけれど、その辺ははっきり分からなかった。

ストーリーのディティールはゾンダーコマンドたちが埋めて残した巻物や少数の生存者の証言に依っている。たとえば死体処理の証拠写真を撮るシーンがあるが、それも実在している


この映画、「追体験」を強いられるようで、若い人の感想の中にはロールプレイのようだ、などというものがあった。


ゲーム感覚の追体験ができる世代と「無知であることに罪悪感」を抱える世代の追体験の間には何か超えられない質的なものがあるのではないかとも思ってしまった。


[PR]
by mariastella | 2018-05-31 00:05 | 映画



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧