L'art de croire             竹下節子ブログ

2018年 06月 02日 ( 1 )

「きれいになった」イザベル・アジャーニとフェミニズム

 先日ヘアサロンで手に取った週刊誌パリマッチ誌に、すっかり痩せて30年前と変わらない若さと美しさのイザベル・アジャーニが『イザベル・アジャーニの春』というタイトルのインタビューに答えている記事があった。

 インタビュアーである男性作家から「何というスタイル!」という第一声。

 読んでいるだけで、女性の体形をすぐに口に出すのは、昨今ならセクハラ?という気遣いが起こらないでもない。

セクハラ告発の嵐の中で、カトリーヌ・ドヌーヴらが、男性が女性にお世辞を言う権利、ギャラントリーの文化について声明を出してすぐに「炎上」してしまったことは記憶に新しい。でもアジャーニは「あれはアッパー・クラスの女性にのみ通用することだから」とこの記事で答えている。

その自分自身が、若い頃の体型を取り戻したことを真っ先に賛美されて、余裕で話を続けているのは、もちろん彼女自身が「アッパークラスの女性」だという認識があるからだろう。

シェイプ・アップすること、痩せることについては、ダイエットなどで自分を囚人にしてしまうのは意味がない、自然食品、運動、瞑想などでゆっくり自然にシェイプ・アップするのがいい、と自分の体験を話しているのだけれど、自然食品、運動、瞑想などという三点セットで自然に健康に痩せる、というコンセプト自体が、「アッパークラス」的と言えないでもない。

さらに、

「大切なのは、美しくあることではなく、自分を美しいと感じられることだ」

「女性として自分を美しいと肯定的に見られることこそが自由の旗となる」

などと言っている。で、自らは業界大手のロレアル化粧品の顔を引き受けている。


ロレアルと言えば「ロレアル ― あなたには価値があるから」のキャッチコピーで有名だし、70歳のスーザン・サランドンなども「顔」として起用している。


イザベル・アジャーニの語るイメージはSois belle et t’es toi」だ。

この tes toiというのは、tais-toiとのかけ言葉だ。

Tais-toiなら、黙っていろ、ということで、

「女性は見かけがきれいならばいいので口は開くな、意見を言うな」というニュアンスなのを、

tes toiなら、君は君である、つまり、「あなたは美しい、あなたはあなたである」「美しい時こそあなたは本当のあなた」というフェミニズム的美の賛辞となる、というわけだ。

要するに、「他人のために化粧するのでなく自分のために化粧する」という発想の転換と言いたいのだろうけれど、そういう自分磨きの「美しさ」の規準だって世間や社会や時代と無縁ではない。

女性が自分で自分のことをきれいだと思えることのハードルは「見かけ」よりもずっと高いともいえる。

 世間の基準に照らした時、ダイエットや整形手術では決して変えられない、持って生まれた「マイナス点」というものはあるし、老化や病気という「マイナス」もある。

また、「女性として」の見かけを自分で肯定できない人や拒絶する人もいる。

そもそも人は自分の「見かけ」をナマで把握することすらできない。


「見かけ」に左右されるような存在の良好感を「自由」の出発点にはしたくない。


[PR]
by mariastella | 2018-06-02 00:05 | フェミニズム



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧