L'art de croire             竹下節子ブログ

2018年 11月 02日 ( 1 )

道徳と倫理--- アレクサンドル・ジョリアン その10

(これは前の記事の続きです)

>>>(ニーチェの)「大いなる健康」(ここを参照)の対極として、欲望を満たすために消費に狂奔する「大いなる食欲」と形容なさっていますね。今の社会は私たちを見な依存症にかりたてるのでしょうか ?

A.J. 残念ながら、社会で宗教というものが衰退したことで、行き過ぎた個人主義が広がったと言えます。「超越」という考え方や感性がなくなって、到達点も目的もない欲求に駆り立てられています。幸福という概念すらもはや共有されずに個人的な快適さへと矮小化されています。この個人主義は私たちの苦しみにつながります。なぜなら連帯するという私たちの性質の深い部分に反するからです。これは道徳的な考察ではなく倫理的な次元のことです。個人の欲求充足の道は本当の喜びや至福にはつながりません。


Sekko: ああ、「道徳」と「倫理」が使い分けられている。

道徳と倫理の違いというのは、フランスのように高校三年で哲学が必修でバカロレアの科目であるような国では、いたるところで解説されている。ここでは、このジョリアンの言い方をわかりやすくする方向で解説しよう。

もともとの意味は「慣習、習俗」という言葉のラテン語から来たのがモラル、道徳で、ギリシャ語からきたのがエティック、倫理などで同じだ。

で、倫理の方はアリストテレスの『二コマコス倫理学』で語られるように、ある政治的枠内での身の処し方の最適解のこと。「理」という字があるから「理性的、合理的に議論できる機能的なもの」というニュアンスに適っている。例えば、「安楽死」がいいか悪いか、合法化するかどうかというのは「倫理委員会」で議論される。

それに対してモラルの方は、もっと内面的な個人的なもの、とは言えるのだけれど、もとは宗教や伝統における善悪観にルーツを持つ。「徳」という字で連想しやすい。だから、モラルはその適用について議論したりするものではなくて、確信するのに近い。「上から目線」で与えられたもので、二元論的ともいえる。当然、時代や場所によってその「上」は変化するけれど、それを「自分のもの」として生きることを刷り込まれいる。

西洋思想の中では、18世紀の啓蒙の時代に「モラル」が普遍的なものであるかのように称揚された。それは、西洋近代の啓蒙思想が、キリスト教由来のモラルから宗教色を廃した「普遍主義」だったからだろう。

それに対して、「倫理」の方は、ポスト・モダン的なニュアンスだと言えるだろう。

つまり、ジョリアンがここで「人の本性は連帯するところにある」というのが「道徳」ではないと言っているのは、「連帯しなさい、連帯が善です」という「上から与えられた信仰」ではないと言いたいわけだ。

「倫理的な次元」だということで、それが苦しみに対処する「最適解」であると提言しているのだ。


(実際はモラルと倫理は同義に使われることも、補完的に使われることもある。モラルのルーツである宗教であっても、科学が発展し時代が変わることに適応してモラルを政治的社会的な枠で検討することがある。バチカンにもいろいろな「倫理委員会」がある。その反対で、政治的社会的文脈の違う時代の「伝統」に根差した上から目線の「道徳教育」を目指す国もある。)


(続く)


[PR]
by mariastella | 2018-11-02 00:05 | 哲学



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧