L'art de croire             竹下節子ブログ

カテゴリ:フランス( 243 )

フランスと爆撃

第二次大戦でフランスがドイツに占領された後、「連合国」に爆撃され続けたことはみな知っている。

ドイツ軍の基地などはもちろん、海岸線や鉄道の集配所のあるところで、連合軍の空爆によって家族に死傷者を出した人を身近にもたくさん知っている。

誤爆もしょっちゅうだったが、ほとんど絨毯爆撃のように一夜で町が全滅したケースもあるし、その再建で財を築いた人も知っている。

私の住んでいる町はドイツとパリが直結する鉄道の要地だったので、爆撃作戦にはっきり名前が挙げられている。住んでいる2軒長屋は1880年築のもので、焼け残った運の強い建物だ。今でも駅の周辺で不発弾が見つかる。

英米軍による爆撃は、第一の目的が味方に犠牲を出さないことなので、高度を下げず、爆弾投下の精度は極めて低く、誤爆が日常的だった。

実際、最後は、日々進化する爆撃機や爆弾を「試す」ために積極的に必要以上の攻撃を繰り返したらしい。

ドイツ軍の軍事施設はすべて外れて、子供を含む何千人もの一般人が一夜にして犠牲になったケースもある。。

最終的に6万人以上のフランス人が死んだ。

イギリスに潜伏していた「自由フランス」のパイロットが志願して6機で出撃した時は、2機が撃墜されたけれど誤爆はせず爆撃の目的を果たしたという。当然だけれどフランス人は同胞を危険に陥らせないために低空飛行して犠牲を厭わなかったのだ。

イギリスのパイロットが不時着すると、フランス国内のレジスタンス・メンバーが救って、普通の服を着せてドイツ兵の前で何食わぬ顔をして、エッフェル塔の観光に案内している動画ものこっている。

そんな事情を映す「連合国空襲下のフランス」というドキュメンタリー番組を見ていると胸が悪くなる。

ドイツから解放してあげます、と気前よく落とされる爆弾。

サダム・フセインから解放してあげます、カダフィから、アサドから解放してあげます、民主主義と平和をあげます、と言ってアメリカやらフランスやらが空爆している図と基本は変わらない。

第二次大戦の頃より空爆の精度は上がったかもしれないけれど、

「誤爆しても誤差のうち、大義の前にはまあいいや」

という心の持ちようは変わらない。

フランスはそれでも、英米系の空爆に懲りた経験のせいか今でも慎重ではある。

フランスがシリアを空爆したからISがパリに報復テロ、なんていうのはただのレトリックだ。

こういうデータもある。

それだけではない。

アメリカでは、ヨーロッパなんて対岸の火事だから、フランスの戦場に向かう兵士のモティヴェーションが上がらないというので、連邦政府が何を言ったかというと、

「フランス女は軽く、色気がある」と刷り込んだという(これは別のドキュメンタリー)。

これでは、若者をシリアに誘うISが、「うちに来たら性奴隷の女性がよりどりみどり」と言ってジハードに参戦させるのと変わらない。

で、実際、ドイツ撤退後に米軍が進駐したフランスの町には娼婦もあふれたし、レイプも多かった。

それが告発された時には米軍はみな「黒人兵」のせいにして処分したという。「二級アメリカ人」がいるのは便利だった。

だから、「フランスをドイツから解放した」といって米軍が意気揚々と乗り込んできた時に、空爆で廃墟になった路傍で歓迎したフランス人たちの心は複雑だった。

女性を守る代わりに、ドイツ兵と関係したことのある女性を自分たちでよってたかってリンチしたこともそのような歪んだ心理の表れだったのかもしれない。

それでも、第二次大戦の終結におけるこのフランスの黒歴史が、早くからドイツとの和解を進めて「ヨーロッパ」を再建す決心に結びついたのは間違いがない。「連合国の爆撃によって廃墟になった町を抱える」同じルサンチマンも底に流れていたかもしれない。

フランスが今でも英米と一線を画するやり方や、誇りと自虐の共存もその辺に起因する。

もちろんそこに至るまでに、ヨーロッパが中世以来すでにあらゆる「傭兵」たちを駆使した勢力争いや領土争いをくぐり抜けてきた経験資産みたいなものもある。

基本が島国である日本とは事情が違う。

それにしても、今の時代なら、テロはもちろんちょっとした災害でも事故でも、すぐに被害者や被害者の家族らのためにトラウマをケアする心理学者らのチームが送られる。

占領下とはいえ「一応普通に暮らしていた」庶民が、

「いよいよ連合国が上陸して解放されるんだって」

と心を躍らせる間もなく、「解放者」から集中的な爆撃を受けて家も財産も隣人や家族も失った状態で、さあ、喜べ、解放だ、自由フランスは戦勝国で連合国の仲間だし、と言われても、そのトラウマを解消するすべなどなかっただろう。

生き延びるための本能に導かれてみんなが必死に再建に向かうしか選択がなかったのだろうけれど、その陰で犠牲になった人や力尽きた人も数知れないことだろう。

日本とフランスの相性がいいのは、アメリカに対するジレンマを抱えていたり、自国の非戦闘員に多大な被害を与えた攻撃者を糾弾、非難することができなかったという不全感が共通しているからかもしれない。

前から感じてはいたことだけれど、数年前から第二次大戦末期から直後にかけての事情のタブーが消えていろいろな資料が公開されるようになったのであらためて考えさせられる。

そして一応「戦勝国」側のフランスでさえこうなのだから、もっと複雑なトラウマを抱える日本が、過去に侵略した国々や占領されていたアメリカと「健全な関係」を結ぶのが困難なのも不思議ではない。

でもそのひずみを次の世代に伝えていかないためにどうするかが、大人全部の課題なのだろう。

「勝利する」と驕りへの誘惑があり、「敗北する」と学びへのチャンスがある。
[PR]
by mariastella | 2016-03-07 00:10 | フランス

Fawzia Zouari ファウズィア・ズアリの論考

2/29のリベラシオン紙でチュニジア出身の女性作家が書いている記事は、フランスやヨーロッパでのイスラムの問題についてこれまでで一番共感でき、納得できるものだった。

ずっと無料で読めるものかどうかわからないので最後にコピーしておく。

澤藤統一郎さんのブログにさえ、今回のル・モンド紙の声明のような誤解があったので、いつか書きたいと思っていたことを代弁してくれた。。

イスラモフォビーと、現在高まっているイスラム・ピューリタニズムが抱える問題を混同してはいけない。

フランスのライシテ監査は難しい。

「信教の自由」の名のもとに共同体主義で共同体内弱者の差別がまかりとおることは、共和国主義としては見逃せないことだ。

公正を期する気遣いから宗教をひとまとめにしていろいろな法令を作るのにそもそも無理がある。

下手すると共和国の政党よりもずっと共和国主義っぽいフランスのカトリック教会が時々悲鳴を上げるが、それは坑道のカナリヤみたいなもので、傾聴に値する。

日本にいる普通の無宗教的日本人から見ると、キリスト教文化のヨーロッパが非キリスト教のイスラムの文化を差別していると見えるかもしれない事象は、実はまったく別の意味を持っている。

これについてはずっと考えてきたことなので、とてもブログて解説できるような問題ではないけれど、フランスのライシテを研究するフランス語読みの人のためにコピーしておきます。

私が何を言っているのか分からないという方はスルーしてください。

La romancière franco-tunisienne Fawzia Zouari prend la défense de l’écrivain algérien Kamel Daoud, et appelle de ses vœux un nouveau discours à gauche affranchi de la peur de l’accusation d’islamophobie. Un discours qui conçoit le fait que les musulmans, comme les chrétiens, puissent aimer ou ne pas aimer leur monde, adhérer ou non à leur religion.
•Au nom de Kamel Daoud
Kamel Daoud a décidé d’abandonner le journalisme suite à une tribune signée par un collectif d’intellectuels dans le Monde lui reprochant son «culturalisme», ses «clichés orientalistes», son «essentialisme», pour ne pas dire son islamophobie ; soit, à quelque détail près, les mêmes accusations qui lui ont valu d’être menacé de mort par les barbus de son pays. Voilà comment on se fait les alliés des islamistes sous couvert de philosopher… Voilà comment on réduit au silence l’une des voix dont le monde musulman a le plus besoin.
Et quel est le motif de ce tir groupé qui a ciblé l’écrivain et journaliste algérien ? Kamel Daoud a eu le tort de pointer sans détours les travers des siens. Plus précisément, il a expliqué que les harcèlements sexuels perpétrés à Cologne par des personnes d’origine arabo-musulmane découlent d’une tradition qui n’a eu de cesse de contrôler la sexualité et de condamner à la frustration ses jeunes. Branle-bas dans les rangs des bien-pensants et avocats d’office des musulmans ! Et pourtant, qui douterait des affirmations de Daoud ? Qui, des signataires du Monde, pourrait démentir que la plupart des sociétés arabes vivent dans un puritanisme outrancier et une grande misère sexuelle ? Les femmes y sont obligées d’arriver vierges au mariage, et les garçons célibataires sont rendus fous par la frustration. La loi religieuse, appuyée souvent par la loi civile, ne permet pas à un homme ni à une femme d’avoir une relation physique avant le mariage. Encore faut-il que celui-ci soit possible en ces temps de crise et de chômage… Ce sont là des réalités concrètes, et non des idées. Et ce n’est pas mentir ni insulter que de dire, oui, le musulman réfléchit souvent de la même façon et agit avec le même réflexe. Oui, le concept de oumma recouvre l’adhésion à des certitudes dogmatiques aujourd’hui plus que jamais attestées sous le voile et le qamis. Oui, il y a une psychologie de la foule arabe. Oui, les femmes sont perçues chez nous comme des corps à cacher. Oui, il y a, dans nos sociétés, un rapport pathologique à la sexualité induit par la morale religieuse. Oui, il y a une forme de racisme qui considère qu’on peut violer une juive ou une chrétienne parce qu’elle vaut moins qu’une musulmane. Oui, les intégristes sont dans la culture de la mort. Oui, les réfugiés en Europe doivent recevoir une éducation à l’égalité des sexes. Oui, il faut leur mettre un traité de laïcité dans la main. Leur enseigner le respect des femmes des autres religions. Des femmes tout court.
Alors faut-il se taire pour plaire aux orientalistes qui s’ignorent ? Se contenter de donner du monde arabe une image lisse et de l’islam, l’unique écho de ses siècles d’or ? Les signataires de la tribune appellent à un «débat apaisé et approfondi». Cela veut dire quoi, au juste ? Qu’on occulte ce qui ne va pas dans nos sociétés ? Qu’on hésite à décrire des réalités amères sous prétexte de devoir faire dans la nuance ? Qu’on se sente coupable d’aimer dans l’Occident l’espace de liberté et d’émancipation qui nous font défaut ? Bien sûr que nous n’ignorons pas que l’Europe possède ses propres excès, ses violences contre les femmes, ses fêtes alcoolisées qui génèrent harcèlements et viols. Et alors ? Cela absout-il les musulmans que nous sommes de nos propres dérives ?
Il existe, en France, une élite de gauche qui entend fixer les critères de la bonne analyse et qui veut faire de nous les otages d’un contexte français traumatisé par la peur de l’accusation d’islamophobie. Une peur qui pétrifie nombre d’élus, d’écrivains, de journalistes et de féministes, quand elle ne les amène pas à défendre les niqabs et les prières de rues, à excuser les violences dans les cités et les propos de gamins qui clament, avec fierté, «Je ne suis pas Charlie». La même élite qui s’essaie à l’exégèse coranique et cherche la bénédiction de religieux devenus ses principaux interlocuteurs, aux dépens des musulmans laïques réfractaires au rôle de victime.
Cette tendance à dicter aux intellectuels arabes ce qu’ils doivent dire ou ne pas dire sur leurs sociétés confine au néocolonialisme. Elle relève d’un tropisme qui rend incapable de nous voir autrement que comme des «protégés». Elle refuse l’idée qu’il puisse exister des Arabes souverains dans leur tête, des musulmans qui contestent leurs traditions, désobéissent aux consignes de bien-pensance, fissurent les échafaudages spéculatifs autour d’un Orient fantasmé.
Or c’est d’un nouveau discours que nous avons besoin de la part de la gauche. Un discours qui ne soit pas opportuniste ni de façade. Qui conçoit le fait que les musulmans puissent aimer ou ne pas aimer leur monde, adhérer ou non à leur religion. Qui sache qu’il n’y a pas que Kamel Daoud qui soit habité par le désir de changer nos sociétés. Oui. Nous sommes de plus en plus nombreux dans le monde arabo-musulman et ailleurs à penser que le salut de l’islam comprend et exige la relecture de l’islam. Nous refusons la version d’une foi paisible et de peuples innocents, aussi erronée que son équivalent d’une foi haineuse et obscurantiste. Nous n’obtempérons pas aux affirmations selon lesquelles le jihadisme n’a rien à voir avec le référent doctrinal. Nous refusons le refus de l’amalgame. Nous ne nous sentons pas obligés de servir au lecteur occidental nos poésies érotiques de jadis et nos supposées libertés sous le voile. Nous laissons à d’autres, sans les dénigrer ni leur manquer de respect, le soin de chanter les couplets d’une tradition réconciliée avec le sexe, la fameuse liste des synonymes de l’amour ou le millier de contes de Shéhérazade, qui ne viendront pas au secours du jeune Saoudien ou Marocain menacé de prison ou de guillotine pour liaison extraconjugale. Chacun son rôle. Et si certains veulent se constituer en brigade anti-islamophobe, assimilant toute critique de l’islam à un sentiment de peur ou de haine, nous estimons que notre rôle à nous est d’éveiller les consciences sur le poids de nos tabous spécifiques et les maux de nos sociétés en attente de liberté.
Alors qu’on cesse de critiquer d’un côté le silence des intellectuels musulmans sur les violences perpétrées par certains de leurs coreligionnaires, et d’appeler ces intellectuels à se taire dès lors qu’ils dérogent à la pensée correcte sur l’islam. Serions-nous assignés à une parole positive et aseptisée sur notre monde ? N’est-ce pas là une insidieuse façon de nous maintenir dans la mission subalterne d’allumer le feu du temple occidental et de flatter sa prétention à être la mesure de toute réflexion ? Dénoncer nos torts ferait-il de nous des «essentialistes» et des «culturalistes» ? Mais enfin, qui est essentialiste, si ce n’est celui qui fait précéder nos réalités par l’idée qu’il s’en fait et la détermine selon ses grilles de lecture ? Qui sont les orientalistes, si ce ne sont ces détracteurs de Kamel Daoud, qui, souvent, n’ont connu le monde musulman qu’à travers les livres ou pour le soumettre à leurs hypothèses de travail, quand ce n’est à l’absolutisme de principes dans lequel ils s’enferment ?
Daignez donc, Messieurs Dames, reconnaître que les Kamel Daoud peuvent remettre en question votre savoir universitaire. Daignez avouer votre désarroi devant une nouvelle catégorie d’intellectuels arabes qui sort du paradigme de la défense radicale de l’islam tout autant que de son rejet excessif, et qui s’estime capable de penser par elle-même. Sachez que des Kamel Daoud, il en naît tous les jours de l’autre côté de la Méditerranée. Et c’est là un signe de bonne santé. Ces journalistes, écrivains et artistes, menacés dans leur vie pendant que l’on sirote tranquillement son café à Paris, qui ont le courage de forcer leur monde à la critique et au changement, qui aspirent à la liberté de dire, tout simplement, veulent devenir les sujets de leur propre histoire au lieu de rester objet des études occidentales. En cela, et contrairement à ce que vous pensez, ils ne sortent pas de leur monde ni ne souffrent de déni d’identité. Bien au contraire. Ils s’inscrivent dans une autre tradition de l’islam, celle des poètes rebelles et des penseurs du doute qui ont maintenu et maintiennent toujours allumée la flamme d’une civilisation musulmane en attente de la révolution qui la sauvera d’elle-même et des autres : la révolution religieuse et sa conséquence naturelle, la révolution sexuelle.
[PR]
by mariastella | 2016-03-01 02:29 | フランス

キューバとイランとフランス

キューバのラウル・カストロが経済封鎖解除後はじめての外国訪問先にフランスを選び盛大に迎えられた。

フランスはキューバにとって最大の政治的パートナーであり得るそうなのだ。

キューバに対しては観光、貿易に関するマーケットとして色気満々のフランスだが、先日イランの大統領が来た時には大量の飛行機を売りつけ、キューバ、イランというおいしい市場にしっかり存在感を植え付けている。

この2ヶ国がフランスを特別扱いしているのは事実で、その理由の一つはアメリカに対する牽制で、もうひとつがフランスをヨーロッパの窓口と見なしていることだ。

アメリカとフランス言えば国力にはすごい差があるのだけれど、シンボリックには拮抗している。

それはサウジアラビアでも感じたことだ。サウジがマメにフランスの軍事技術を導入し続けているのは、アメリカ一辺倒ではないという姿勢を自らにもアメリカに対しても確認させるためだった。

地政学的に言っても、アメリカとヨーロッパの両方と関係を持っておくのは多くの国にとってリスク・マネージメントの意味を持つ。

ヨーロッパといっても、イギリスではアングロ・サクソンの同類だし、ドイツも英語と同根のゲルマン語圏だし二度の大戦の敗戦国なので政治的権威は微妙なところがある。

その点フランスなら、ヨーロッパの真ん中でラテン語圏である上に。アメリカに対しても独立戦争の時に助けてやった、近代革命の同志、みたいなことを根拠にして臆しないので、シンボルとして使い勝手がいいのだ。

フランスでは共産党も長く存在感があったし、伝統的に左翼シンパでキューバに親近感がある。

イランに対してはイスラム革命前にホメイニ師の滞在を認めていた。
大切な経済パートナーでもあった当時のイランの王制が危機に瀕しているのを知っての革命後のアリバイつくりの意味もあったろうし、「王制を倒す」とか「革命」とかにシンパシーがある国柄だからでもある。

当時のフランスではイスラム革命の意味をだれも把握していなかったのだ。

で、今さらそれ(結果的にホメイニに便宜を図ったこと)をあまりはっきり言うのはまずいので黙っているが、下心としては、「ホメイニも信用して頼った国」オーラをイランに対して発揮しようとしている。

どちらの国に対しても、主として経済効果をねらって動いているわけだけれど、イランにもキューバにも巨大すぎるアメリカを牽制するシンボルとしてフランスが機能しているのはまちがいがない。フランスはそれをちゃんと自覚している。

フランスにずっと暮らしていると、日本と同じで、もういまや「衰退途上国」という暗い感じになるのだけれど、こういうのを見ていると、独特の「存在感」を利用する腕は衰えていない、という感はある。
[PR]
by mariastella | 2016-02-02 07:23 | フランス

参謀総長が正論を言える国

2011年の5月末、東日本大震災被災者のためのチャリティコンサートをコンコルド広場の海軍参謀本部のサロンで開いた。

参謀総長の海軍大将は心から最大の援助をしてくれた。

協力してくれた海軍の他の組織の人たちがヒエラルキー意識から逃れられないのとは対照的に、実にシンプルで人間的だった。

その後で、アフガニスタンに派遣されていた軍人ブリス・エルブランの書いた戦争のトラウマについての本についてもブログで触れたことがある。

アメリカ軍と違ってフランス軍の攻撃の規制が厳しいこと、それでも人を殺したことがトラウマになってそのことを現役士官が出版し、なんの検閲もされない、ということのフランスらしさが気に入った。

昨年11月のパリの無差別テロの翌日にすぐに防衛大臣に呼ばれ、2日後に空母シャルル・ド・ゴールに乗った参謀総長ピエール・ド・ヴィリエ将軍は、その1週間後の新聞インタビューで「軍隊はISに対する勝利をめざすものではない」と言った。

テロの後ですぐに「総力戦、IS壊滅」のような勇ましい言辞を発したのは政治家の国内向けの姿勢であるが、実際はそのような短期戦はあり得ないし意味もない、ということだ。。

それについてさらに、今年の1/20付の『ル・モンド』紙で堂々とこう言っている。

「フランスの戦略は完全に国内政治によってなされている」

「戦力は必要だとしても充分であることは絶対にない。戦争に勝つことと平和を獲得することは別物である」

さらに、

文明的な軍隊は、正統性や魂を失わずして倫理的な縛りを侵すことはできない

とまで言う。

つまり軍隊の魂や正統性は倫理的縛りによって担保されているということだ。

「テロリストを前にして、ミメティスム(擬態)に陥らぬようにきをつけなければならない。」

とも。

すごいなあ。

ヴァルス首相が空爆強化反対派に対して

「(この非常時に際して自由・平等・博愛などの)大義をかざす者たちは我々が戦争中だということをお忘れのようだ」

みたいに揶揄するのとは大違いだ。

ピエール・ド・ヴィリエという人は、貴族の出の保守政治家で大統領選にも出たことのあるフィリップ・ド・ヴィリエ(子爵)の8歳下の弟にあたる。

この二人とも、ちゃんと共和国エリートコースを歩んでいるから、頭がいいことは間違いがない。

フィリップ・ド・ヴィリエはまあ、いろいろある人なのだけれど、弟がそれにも染まっていない?ようなのもフランス的個人主義のいい面かも知れない。

なんだか軍国主義的な方向に向かいつつありそうな最近の日本だけれど、こんなことを軍のトップにいる人が一流新聞の記事に堂々と書くことが起こるなど想像できない。

オランド大統領の非常事態宣言もメディアの自由には手をつけられなかったし、妙な自主規制もメディアの側にも軍人にもないようで、フランスの国のこんなところは好きだ。
[PR]
by mariastella | 2016-01-29 04:44 | フランス

武器のおもちゃ

フランスでは、11月のテロの後、クリスマス・プレゼント用の子供のおもちゃ売り場から実物と似たタイプの拳銃や機関銃や短剣などのおもちゃが姿を消した。
強制というわけではないが、多くの大手スーパーや玩具店が自主規制してひっこめたようだ。
町で出会う人を撃つというタイプのゲームも回収された。

ゲームのことは分からないが、怪獣やモンスターを倒すゲームではなくて非武装の普通の人を撃つようなゲームに子供たちが熱中するのが「不健全」なのは確かだろう。

でもピストルの類はどうなのだろう。
アメリカのように子供に本物の銃をプレゼントして射撃場に連れ出すなどというのは論外として、おもちゃの武器を排除したからといってテロリスト予備軍の数を減らせるものだろうか。

親がイデオロギー的無神論で宗教を厳密に排除して子育てをした家庭から、親に反発する形で宗教やカルトに出会って免疫がない分取り込まれてしまう若者がいる。
ある程度いい加減な宗教性だの迷信の中で育った子供の方が批判精神を発揮したり別の道を模索したりするのが容易な気がする。

それと同じように、完全な非暴力主義で武器を嫌悪して隠すタイプの親や共同体の中で育った子供は、武器に対する免疫がなくて、かえって魅力を感じてしまうかもしれない。
もちろんある種のサディズムのような倒錯傾向がある子供はいるもので、そういう人は、おもちゃの武器があろうとなかろうと何らかの機会にそれが覚醒するだろうし、武器のおもちゃを与えていないからと親が安心して危険な倒錯の兆候を見逃す方が心配かもしれない。
一方「普通の子供」は、武器を持って遊んだからといって戦争好きになるわけではないと思う。

というのは私自身が、小さいころから兄といっしょに刀やピストルでいつも遊んでいたからだ。
それは別に暴力がどうとかではなくて、時代劇やら西部劇の真似事だったわけだけれど、その後は普通に、というか普通以上に臆病で暴力嫌いの人間になった。
ピストル自体が魅力的だと思ったことはなく、ベルトからさっと取り出してくるりと回して構えるとかの早撃ちなどに興味があった。
スポーツとしてアーチェリーをやっていた時期もあったけれど、矢を放って的を射るという行為にそれ以上の感覚を抱いたこともない。
水鉄砲だとか、連続して音や光の出る機関銃風のおもちゃやレーザー銃風のおもちゃの購入にも忌避感を抱いたことはない。

おもちゃ売り場の棚から武器類をすべて取り去るところや、子供が銃のおもちゃを自主的に返却したら代わりにパズルのおもちゃをもらえるというシステムなどもテレビで紹介されていたけれど、なんだか目先のごまかしのような印象を受けたのは私だけなのだろうか…
[PR]
by mariastella | 2015-12-24 00:42 | フランス

フランスの州議会選挙の結果について

フランスの州議会選挙の結果についての感想を聞かれたのでひとこと。

極右国民戦線FNがコルシカを除く12州のうち3州で第1回投票でトップに立ったのが、第2回投票での与野党協力(というか与党社会党PSが共和党Repに譲った)が効を奏してすべて落選した。

投票率も上がったので、フランス人は危機になると立ち上がる、と満足の声も出ているが…。

実際は、勝利した党が議席の25%を自動的に得て、残りの75%を、得票率で分ける。

例えば40%の得票率で勝った党は、25%と、残り75%のうちの40%である30%をもらえるので55%という過半数の議席をもらえるわけだ。

だから、どの州議会でも、敗れたとはいえFN議員が躍進するわけで、FNを阻もうとして社会党が自党候補を引っ込めた州では社会党は今回の選挙による議席はゼロということになる。

ブルゴーニュなんて、RepとPSとFNの得票率は事実上三分の一ずつである。
PSがまともに勝利したのは現役の防衛大臣が率いるブルターニュだけだ(何しろ「戦争」中だし」)。

この様子を見ると、2年後の大統領選にはまだ「FNのガラスの天井」というのが機能しても、7年後にはRepやPSの側によほどの改革がないとFN大統領が生まれてもおかしくはない。

唯一の救いは、RepやPSが改革する速度や効率よりもFNが「普通の保守派」に舵を切ることの可能性の方が大きいことだ。

もちろんRepやPSは、FNを共和国の敵、極右ファシスト、とレッテル付けする努力を惜しまないのだけれど、マリーヌ・ル・ペンは父親の極右政策からすでに大きく「共和国」派でゴーリスト(ドゴール派)だという方向に看板を塗り替えていて、父親とけんかし、罵りあって互いに親子の縁を切ったりしている。マリーヌによるその「脱極右キャンペーン」がある程度成功しているからこそ得票率が増えているのだ。

今、創立者ジャン=マリー・ル・ペンの流れで超保守派を率いるのはわずか26歳の孫娘マリオンだ。
若くて金髪で綺麗なマリオン、普通ならその外見も敵の攻撃の俎上にのせられそうだけれど、開票後の会見を見ても、堂々とポピュリズムに応え、若さや外見もしっかり武器にして何のコンプレックスもない。知性があるかどうかは別としてアジテーターとしての才能があるのは確かだ。
このマリオンはカトリックの保守団体にも覚えがよくて、そういうイメージを払拭しようとしている叔母のマリーヌをいらいらさせている。

まあマリーヌであれマリオンであれ「ル・ペ」ンの名を掲げている限り、創立者の金や地盤や権益から離れられないのは当然だが、今回アルザスで敗退したフロリアン・フィリィポなどはFNの新しいタイプである。

この人はいわゆる共和国的な環境(両親が公立校学校教師)で地方の出だが、超優秀な学歴を持つ。知性によって道を切り開いたタイプだ。30代前半と若い。
この人は最近メディアでFNの代弁者としてディベートに参加していたが、言っていることはともかくとして、たいていのPSやRep側の参加者よりもはるかに頭がよいのが見てとれた。というか相手の頭の悪さ、整合性のなさを目立たせた。

JM・ル・ペンの頃のFNには絶対に合流しないタイプで、この人を取り込めたのはマリーヌの戦略の成果だろう。ただ、見た目がなんとなく、私の偏見の中でのすごく人種差別主義者っぽいFNという雰囲気なので警戒心をそそられていたけれど、実際は、いわゆる内向きの超保守という人ではない。

第一ゲイであることをカミングアウトしている。
離婚を繰り返しているマリーヌもカトリック教条主義者(最初の離婚前に三人の子を教条主義教会で洗礼を受けさせているが)とは近づけないわけで、二人共いわゆる「中絶反対」「同性婚反対」タイプのグループとのフュージョンはない。

フィリィポがFNに合流した最大の論点は経済政策とEUの問題で、それを別にすると、いわゆる「人種差別、マイノリティ差別の極右」というレッテルからは外れている。
だからPSやRepがいつまでもJM・ル・ペンを攻撃していた頃と同じ攻撃の仕方を続けていると、だんだん現実と乖離してくる。フィリィポのような人材をまともに組み入れることができるほどの見識が他の党にあればいいのにと思うほどだ。

まあFNがもっと進出するリスクのある2022年の大統領選の頃は、党の名前も変えてフィリィポのような若手がリーダーになって事実上の「共和国主義」政党になっている可能性はあるわけで、そんなことに希望を託さざるを得ない今の状況がかなしい。

頭がよさそうでかつ誠実であるという印象を与えるのに成功しているのは北の地方で今回マリーヌを破ったRepのグザヴィエ・ベルトラン、若手のブルーノ・ル・メールなどで、今や「賢者」風なのはアラン・ジュッペ。

PSはCOP21の茶番劇や、協定成立に感涙を流してノーベル平和賞候補などといわれている外務大臣のファビウスも今さら見ていていらいらする。

パリのテロのおかげで、COP21という外交劇でフランス政府に恥をかかせる勇気は世界のどこにもなかったわけだけれど、大切な問題は何一つとして解決していない。

そういえば今回、独立派のナショナリストが勝利したのはコルシカだけど、コルシカって、歴史的経緯からして、今でも他の地方よりも大きな自治の権限が与えられているんだそうだ。

沖縄とはだいぶ違うなあ。
[PR]
by mariastella | 2015-12-15 01:17 | フランス

フランスのテロ、マルク・フェロ、そして私のやること

前に「有志連合の空爆はテロではない」、というのを書いた。

その後、今は消去されたようだが、あるフリージャーナリストがネット上で、すべてはアメリカの2003年のイラク侵攻から始まった、アメリカに無差別攻撃されて殺されたイラクの一般市民の怒りが自爆テロになったのだ、という意味の記事を書いていたので驚いた。

私は2003年の米英のイラク侵攻にずっと反対していた。

アメリカという国が銃など武器の携帯や使用のハードルが低いせいか、爆撃に慎重さがないのはフランス軍も驚いているという記事を書いたこともある。

「侵攻」へのハードルも「誤爆」のハードルも低い。

第二次大戦末期のフランスで、多くのフランス人がアメリカの空襲で命を落とした。町も大量に破壊された。早々と降伏して占領されて親ナチ政権を作ったからドイツ軍からはあまり被害を受けていない。
少なくともアメリカからの被害とは比較にならない。

最近ようやくタブーを破ってその実態を書いた本が出てきている。

まあ、なんと言っても、アメリカにつくことでド・ゴール将軍の自由フランスが連合国の一員として「戦勝国」の仲間入りできたのだし、破壊された都市の「復興」で大儲けをした人たちもたくさんいたから、「アメリカ軍の爆撃で殺されたから復讐する」という話はきいたことがない。まあ補償がいろいろな形でなされたこともあっただろう。

いや、私がここで言っておきたいのはそういうことではなく、

「2003年のアメリカ軍の無差別攻撃はテロと同じで、そのせいで絶望した弱者が聖戦にめざめた」
という単純な図式は、完全にテロリストサイドの図式であり、そんなものを日本のジャーナリストが繰り返してはいけないということだ。

前にも書いたけれど、パリなどの先進国で展開されているテロは、イスラム過激派という一種のカルト団体の洗脳に基づいてプログラムされたものだ。
これはこれできっちり、犯罪学やカルト対策専門家に対応してもらうべきものである。

人は絶望したからと言って必ずテロリストになるわけではない。テロに至るまでには絶望から怒り、怒りから報復という殺意へ導くプロセスが必ずあって、それを組織的に行っているのがISだということだ。
だから別に移民の子弟だとかゲットー化した場所に住む若者だけでなく普通の意味では絶望をする状況にない「代々のフランス人の若者」までがターゲットにされて取り込まれている。
これらを予防したり逆洗脳することが必要だ。

しかしそれよりもさらに深刻なのは、ネットで広く知られるようになったようにブレストのイマムが子供たちを集めて「音楽は悪魔のものでを聴くと豚になる」など堂々とフランス語で演説しているような状況だ。

もちろんISのテリトリー内ではもっとひどい。

ISは占領地域で多くの子供を拉致して兵士として洗脳している。
また、もっと遠大な計画のもとに、多くの女性を拉致したり勧誘したりして「兵士」たちと「結婚」させ、子供を産ませて、その子供を集めて教育している。
3歳の子が武器を持たされる。
小学生ほどの男の子たちが迷彩服を着せられ、訓練され、イスラム法を厳格に守らない不信心者は西洋人であれ、イスラム穏健派であれ、みな憎むべき、殺すべき対象だと教えているのだ。
その様子もビデオに撮って堂々と流している。

もちろんイスラム教系ではないカルト宗教でも、はじめは人生に悩む若者たちを励まし、救い、洗脳し、まあそれが金を貢がせるだけならまだましだけれど、無差別テロの実行にまで導くタイプのものがあることは日本も経験済みだ。

でも最も悪質なのは、子供を巻き込むことだ。
子供連れで「出家」させて親と引き離して純粋カルト脳に仕立てるなどである。
教育現場における思想統制や教育支配ほど、人間に特有な悪はないと思う。
そのようなカルトの摘発や規制が社会にとって最優先の課題であってもいい。

その意味でISのしていることはまさに人道に対する犯罪なのであり、それを「アメリカに力にまかせた無差別攻撃をされたから弱者が自暴自棄で復讐を誓い自爆テロリストになった」かのようなIS言葉で解説してはならない。

もう一つ、「2003年のイラク空爆がIS誕生の遠因」というような言説が間違っていることに関しては、アルジェリアの大学の教授をしていたこともある歴史家のマルク・フェロ(91歳!)が最新の本で解説している。
「イスラム過激派」の誕生は、少なくとも、1928年のイスラム同胞団の誕生にさかのぼらなければならないという。

ヨーロッパの近代は、キリスト教のヘゲモニーを倒すことで確立してきた。実は欧米的な平和主義も民主主義も普遍主義も平等主義も、野蛮で蒙昧で欲望全開の世界において『福音書』のメッセージがようやく発酵したという形で形成されてきたのだが、既成権力者、権威者、支配者としての「教会」はそれを体現していたわけではないから、王侯貴族と共に、民衆やブルジョワジーによって倒された。
歴史的に言って、その対象となったのはローマカトリック教会だ。

それでも奇跡的に生き延びたカトリック教会は、まあよく考えてみたら、革命家や共和国主義者たちが言ってることって、実は福音的なことじゃないのかと思い当たるわけで、
「そうだ、反省しよう」みたいな形で、
「自由、平等、同胞愛? それってキリスト教的だよ、ぼくらの伝統は伝統でやっていくけど、政教分離で十分共存できるよね」という道をたどった。

宗教が「近代化」したのだ。

そうなると、カトリックの聖職者などは終身だし、独身だし、普通の国の政治家たちのような選挙活動だの権益のための誘惑がない分、

「自由、平等、同胞愛(同胞というのはすべての人間が神の子という意味)っていうのは理念だけじゃなくて実践もできるよー」

と近代理念の優等生のような人も出てきた。

ヨーロッパの政治家が「神は最近になって近代理念に改宗した新参者で私たちには必要ない」と言ったのはそれを牽制したものだ。

で、欧米の「キリスト教由来の近代」史観を持っている人たちの目には、イスラム過激派というものが理解できなかった。
イスラム過激派というのは、「近代社会をイスラム化(イスラム法を厳格に適用)する」というのを目標としているからだ。
いわゆる欧米人がそれをいかに理解していなかったのかを示すのは、ホメイニ革命を見たときである。
イランのシャーが倒された。革命というと「王と宗教が民衆とブルジョワに倒される」という認識しかなかった彼らには、ホメイニが王を倒すために当時の共産勢力と手を組んだことなど全く理解できなかったのである。
ホメイニはイランのためにイスラムを掲げたのではなく、その反対だった。

マルク・フェロは15年前にモロッコの大学で講演した時の出来事を語る。
彼がアルジェリアで教えていた過去もあることですべて和気藹々と進み、夜は10人くらいとディナーになった。

イスラムのこと、イスラミズムのこと、イスラム同胞団のことなど、なんでも自由に話し合った。

フェロがふと気づいて、「ところであなた方の奥さんはどうしていっしょではないのですか」と訪ねると、場の空気が凍りついたという。

ひとりがある包みを持ってきて、フランスに戻ってから開いてくださいと言った。

それは『近代をイスラム化する』というタイトルの1997年発行の本だった。

キリスト教が近代化を余儀なくされたように国際社会で共存するために「イスラムを近代化する」というのではない。
もっともキリスト教はローマ法がすでに適用されていた世界で生まれ、「カエサルのものはカエサルに」という有名な言葉によってすでに「政教分離」のベースを持っていた。
イスラム教の方は、砂漠の部族社会の間に宗教共同体と同時に政治共同体がセットになって生まれたから、原理主義者たちが「政教分離」と逆の方に行くのは当然で、過激派は最初から「近代世界のイスラム化」という壮大なプランのもとに動いていたとフェロはいうのだ。

これはキリスト教文化圏の国でなくても日本人にとっても想像できない発想だ。日本だったら、たとえ極右ナショナリストだとか、神道復帰とか、欧米から押し付けられる普遍主義などやめて本来の古き良き日本の美徳に戻ろうとか、そういうことがあっても、いわば内向きで、「全世界を日本風にしよう」なんていうのは「過激派」の発想にはない。
日本に生まれた救世主が世界を救う、式のカルト宗教があっても、それはまた別物だ。

ともかくそういうイスラム過激派の発想を、ヨーロッパでは誰も直視せず認めようとはしなかった。
その路線ではすでにイスラム世界で1950年代から過激派によるテロが起こっていたという。
それなのにヨーロッパは、格差問題だとか移民差別の問題などに落とし込み、過去の植民地政策の罪悪感で正当化し、冷戦時代のご都合主義や石油利権への思惑を優先してきたのだ。

そのようなイスラム過激派が石油、武器、インターネットを駆使して地域実効支配にまで至った現実にどう対応するのかというのは、それにすでにとり込まれている子供たちや女性たちをどう救うのか、巧みな勧誘の魔手にさらされる青年たちをどう守るのか、といったことと別に考えなくてはいけない。
見ないふりをしていては、リスクが高まるばかりだ。ひとりひとりが目を開かなくてはならない。

では私が具体的に何をするかというと、やはり、ブレストのイマムが子供たちに音楽は悪魔から来ている、聴いただけで豚か猿になると言ったことに対抗して、とりあえず音楽による子供の教育を続け、公共の開放的な場所でコンサートをすることだ。

その1. ピアノやギターの生徒たちに音楽を通して分かち合える幸福を知ってもらう。

その2. 誰かを喜ばせたいというインセンティヴで家を出た子供たちが、森で出会う恐怖を分別することで恐れを克服するというデジタルの音楽童話を完成させる。(曲は18世紀フランス・バロック音楽のみを使っている。)

その3. 少し先の話だけれど、6/11にパリのフィルハーモニック音楽都市の広場で200人の弦楽コンサートにヴィオラで参加する。その後、フィルハーモニーの本舞台であるジル・アパップのコンサート(こちらは有料)のアンコール曲をジルやオーケストラといっしょに弾く。彼のサイトのモーツァルトのコンチェルトのカデンツァの動画を見ると幸福感が伝わってくる。
大人数だから譜面台など使わないので暗譜しなくてはいけないのが心配だけど。4曲分の楽譜をもらった。

音楽を弾圧するような宗教原理主義、コンサート会場を襲ったテロリストらへの、ひとまずの答えである。
[PR]
by mariastella | 2015-12-07 08:44 | フランス

フランステロとCOP21

今回のパりのテロは陰謀論者なら泣いて喜びそうなタイミングで起きた。

テロが2週間遅れだったらオランド大統領の悲願の国際会議COP21はキャンセル、延期、または世界の首脳の参加取りやめという形になっただろう。

でも2週間経過して内輪の追悼セレモニーも終り、アメリカやロシアにも行って根回しも終わったので、

これでCOP21に参加しなければテロに屈してフランスを支援しないということになるから各国首脳がちゃんとやってきてパリの豪華ホテルに泊まった。

1/11の表現の自由の共和国デモの時に、ワシントンにいながら駆けつけなかったオバマ大統領はそれを挽回するために前の日に来て、オランドといっしょにテロの舞台となったパリの劇場にわざわざ追悼に来て見せた。

非常事態宣言のおかげで、環境団体の大規模デモなどをすべて禁止したり、ちょっとした小競り合いでも多くの危険分子や邪魔者をあっさり逮捕して11/30の開会式の間、留置所に閉じ込めたり外出禁止の措置をとれた。

厳戒態勢のため交通規制があり、車の乗り入れが禁止され、空港につながる高速道路も閉鎖されたので、首脳たちのやって来る2日間、パリは排気ガスも少ない模範的エコロジー都市になった。

1月のシャルリーエブド銃撃の後の共和国デモでスタンドプレーして見せた政治家たちだが、今回は環境会議最高の数の首脳を集めて、しかもみんながまだパリのテロを忘れていないので一石二鳥の効果があった。

うーん、来週は地方選挙がある。

セキュリティを振り回す極右国民戦線が支持を集めて喜んでいる。

どいつもこいつも、という感じだ。
[PR]
by mariastella | 2015-12-02 00:08 | フランス

有志連合の空爆はテロではない

対IS戦争はトルコによるロシア機の撃墜によってますます混迷を見せている。エルドガンのトルコがNATOに参加しているところからして「共闘」が困難なのは目に見えていた。

それは別として、ひとことだけ書いておきたいのだけれど、日本語ネットで、

中東専門家が、パリの惨劇は米仏などのIS空爆が原因と説明しているとか、TVの報道番組で

「一方で有志連合のアメリカのロシアの、あるいは、ヨーロッパの一部、フランスも含まれますが誤爆によって無辜の民が殺される。結婚式の車列にドローンによって無人機から爆弾が投下されて、皆殺しの目に遭う。これも、反対側から見ると、テロですよね」

と発言した人が批判されているというのを見て、これに関してはこういう言い方をすべきではない、と思った。

ちなみに私はエスカレートする空爆には反対だし、特にあちこちであっさり誤爆するアメリカのやり方とか強面のロシアには危惧する。フランスは言論統制が限りなく少ないのでこの2国よりはましだけれど、「戦争だ」と息巻く今の姿は見ていられないと思っている。ましてや日本がどさくさに紛れて、さあいつでも戦時体制に入れるようにあれこれ準備を、などというのは論外だと考える。

それでもなお、有志連合の空爆はテロではないと言いたい。

それは「暴力」ではあるがテロではない。

「パリの惨劇は米仏などのIS空爆が原因」

などという言い方は完全にISのふりまわす論理なので、そんなものに乗っかってはいけない。

「どっちもどっちですよね」という、例の「一神教同士の覇権争い」、「報復のエスカレート」のような高みの見物の立場をとってはいけない。

日本人の判官びいきというのがある。

第二次大戦で日本をも無差別爆撃した連合軍の暴力があったことの記憶がてつだうせいか、

「有志連合」の強力部隊が激しい空爆をしているのに対して「自爆」を覚悟で数名で大国の首都に乗り込む若いテロリスト、

という一見非対称な戦いに見えるのかもしれない。

また、「イスラエルの戦」車に対抗して「素手で投石するパレスティナの青年たちのインティファーダ」という非対称のイメージもあるだろう。

軍人が敵軍施設に突っ込んだ特攻隊の「カミカゼ」がこちらで自爆テロの代名詞になっているので「弱い者が自己を犠牲にして強い者に向かう」という英雄のイメージもどこかに刷り込まれているかもしれない。

けれども、一応戦争法内での軍事行動の特攻隊と、フランス国籍を持つテロリストによるパリでの無差別テロはもちろんなんの関係もない。

このテロについて、多くの社会学者や政治学者が侃々諤々とコメントするせいで問題が見えなくなっているけれど、フランス国内のテロの実行犯については、少なからぬ犯罪学者が発しているコメントの方が当たっている。

プロファイリングも進んでいる。

このような形の都市型テロは、必ず「狂信」、「怒り」、「殺人衝動」の三段階を経たものだという。

「狂信」は必ずしも宗教とは関係がない。
あるセオリーを、無批判に絶対的に排他的に過激に信じて、社会生活が円滑に送れないステージにいたることである。
しかし「狂信」者が即テロリストになるわけではない。

ある宗教や宗教指導者を盲信しても、全財産を寄付して出家するとか寝食を忘れて祈りだけで暮らすとかいうだけではテロリストにならない。

しかし「過激さ」があるレベルを超えたところで、それを他者や他宗教や他民族などに対する怒りに誘導され、その怒りのはけ口、また「解決法」として他の人間の命を奪うという決定に至った者がテロリストになる。

都市型の無差別殺人の多くはそういう経緯をたどっているので、それをどのレベルでどのようにチェックし食い止めるのかが防止法になる、と犯罪学者たちは言う。

もちろんフランスではこのプロセスがムスリム共同体の実態と深く結びついているのは事実だ。
といっても、2,400あるモスクの中で、共和国理念と両立しない宗教原理主義を説くイマムのいるところは100ヶ所くらいしかないそうだ。しかし3分の2のモスクは、軽犯罪やドラッグ売買や武器流通が横行する非行青年たちの共同体の隠れ蓑になっていて、ISがリクルートするのはそういう場所なのだ。

彼らに対して、よく考え抜かれた「狂信」「怒り」「殺人の正当化」のメソードが適用されて、「選ばれた者」がISで「訓練」されてから国に戻って任務を遂行する。

移民の子孫でないいわゆる「普通のフランス人」も「狂信者」とのコンタクトによってテロリスト側の世界に踏み込んでしまう。

「西洋諸国の独善によるIS空爆というテロに対抗するジハード」という正当化はその時にまず与えられるお題目だ。

しかしイラクやシリアのIS占拠地区で住民に対して暴虐の限りを尽くしているのはISであって、英米ではない。

無数のキリスト教徒や他のマイノリティが殺され、奴隷化され、追われている。ISはそれを公開して誇り、恐怖と共に一部の人間に倒錯的な求心力を及ぼしてさえいる。

「普通のムスリム」たちも、音楽やスポーツまで奪われ、処刑され、恐怖政治のもとにある。だからこそ何十万人もの難民がヨーロッパに逃げてきているのだ。

私は英米が2003年にイラクに軍事介入したことをはじめとしてフランスのアフリカへの軍事介入の仕方にも異を唱えてきた。

解決策は別にあるはずだと実際に模索もしている。

それでもなお、「空爆もテロだからどっちもどっちだよね」的な「ISの思うつぼ」的な言辞をメディアなどが軽々しく口にすることは戒めるべきだと考える。

弱者の正当防衛による必死の抵抗と、ISテロリストの占拠地でのテロや国外での無差別テロを混同してはいけない。

ISの占拠地では弱者やISに従わないものは毎日のように問答無用に殺されているのだ。

幸い直接の身の危険を感じずに済む安全地帯にいる人は、考えて、考えて、考え抜かなくてはいけない。
[PR]
by mariastella | 2015-11-26 00:10 | フランス

パリのテロと十字軍、パリ支援のロゴのことなど。

(これは昨日の記事の続きです。)

1096年、フランス人教皇のウルバヌス二世が「神がそれを望む!」と煽って、何千人もの庶民巡礼者が638年以来イスラム教徒の支配下にあった「聖地」に向かい、「十字軍の騎士」がそれに続いたのは史実だ。

イスラム教が登場するまでの「中近東」地帯はキリスト教徒がマジョリティだった。

十字軍は「聖地奪還」してエルサレム国などのキリスト教国を打ち立てた。

しかし、1187年にイスラムの英雄サラディンがジハードを宣言してエルサレムを再び奪還した。

この前後の経緯については政治や宗教以上に、社会的にも経済的にも複雑な背景があるのだけれど、その後、数世紀経っても、キリスト教側もイスラム側も、単純な「戦争頭」は、この十字軍やらジハードの「聖戦」とか「正義の戦争」を都合のいいように刷り込んできた。

1990年にクウェートを救うと言ってイラクに侵攻したブッシュ(父)も「正義の戦争」と言ったし、ブッシュ(息子)の十字軍失言も有名だが、イスラム側もナセルからカダフィー、サダム・フセインまで、人気とりを意識して自らとサラディンを重ね合わせてきた。

最悪なのは、この、

「自分たちのテリトリーである中東に勝手に«エルサレム王国»をたてられたけれど、絶対に認めない、いつかは奪還して見せる」

というサラディンの成功体験のレトリックが現在進行形でイスラエルに向けられていることだ。

つまりもうキリスト教もユダヤ教も関係がない。

宗教が「他者への憎悪」「他者の排除」の口実に使われ、単純化された「十字軍」のような分かりやすいシンボルが横行するだけだ。

それを効果的にするためにイスラム過激派は「自由主義諸国=キリスト教国」とレッテル貼りをしているけれど、フランスはキリスト教文化圏の国でも群を抜いて政教分離で無神論、反教権主義がイデオロギーになったり知的担保になっている国なのだから皮肉だ。

シャルリー・エブド襲撃テロの後に有名になった『JE SUIS CHARLIE(私はシャルリー)』というロゴはフランス人の作ったものだけれど、今回出回ったのは同じ黒地の配色の『PRAY FOR PARIS(パリのために祈って)』というものは、アメリカ発だそうだ。

危機に当たって宗教的コノテーションがあるフレーズが出てくるのはアメリカらしい。9・11の後のNYに「なぜ神はこのテロを許したのか?」というチラシがNYの街角で配られていたのを思い出す。

ロンドン在住のフランス人イラストレーターのジャン・ジュリアンのデザインしたロゴも出回った。

これは核廃絶のシンボルでヒッピー運動以来peace and loveとして使われてきたロゴ

にエッフェル塔を組み合わせたものだという。

これを見て、あら、不思議、下に十字架が現れた、と思う人がいるとかいないとか・・・

私のもう一つのブログにがんばれマークをつけてくださった方、ありがとうございます。なんだかすごく力づけられました。)
[PR]
by mariastella | 2015-11-20 02:08 | フランス



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧