L'art de croire             竹下節子ブログ

カテゴリ:スピリチュアル( 2 )

「ヒロシマ」と出会った日。『祈り(原子雲)』

これを書いているのは8/7


8/6の広島原爆忌から8/15の終戦記念日まで、日本のネットニュースをながめると、「戦争」の記憶と「平和」への言葉をいろいろ読むことができる。


普段から愛読しているブログ「ヒロシマの心を世界に」で読む被爆者の体験記はおそろしい。

飛行機が横切るのを見たけれど、早朝に偵察機が通過した後に空襲警報は解除されていた、誰も警戒していなかったという静けさが、怖い。

『はだしのゲン』アニメのこのシーン28:50あたりから)は印象的だ。


私が最初に広島へ行ったのは10歳の夏で、平和記念資料館の写真にはもちろん衝撃を受けた。今のようにショッキングな映像があちこちに流れているような時代ではなかったから、はじめて「暴力と死」をビジュアルとして突きつけられた。

次はそれから20年近くたってフランス人を連れて行った。「ヒロシマ」はフランスの68年世代にとっても「反戦」の原風景として刻まれていたからだ。

その後、「ノストラダムス」の大予言で世界の終わりかと言われていた20世紀の最後の年の夏にも広島を訪れる機会があったけれど、その時は、「原爆」は私の中で抽象的なものになっていた。


私が本当に、「ヒロシマ」と出会ったのは、2007年の秋、パリの日本文化会館だ。それから、「ヒロシマ」は私の中にずっと、ある。


この話は別のところで書いたのだけれど、このブログで検索しても見当たらないので、今、もう一度書いてみる。


2007年に、パリ文化会館で、金剛流能楽師、宇高通成主宰の宇高会が、116日(火)から9日(金)まで公演した時、最終日の新作能『祈り』(原題:原子雲)のバックコーラスとして参加することになった。

『原子雲』はすでに東京の国立能楽堂に招待していただいて観ていた。その時に被爆者の「霊」がそこにいる、というコメントがあったのを覚えている。


その新作能をフランス(その後はドイツ)で上演するにあたって、コーラスの部分を現地語に翻訳して歌ってもらいたい、と言われて、「いいですよ、参加します」と答えたのだけれど、いつの間にか、私が男5人と女5人の歌い手を調達するような話になってしまった。もちろんボランティアでなくてはならない。


女性は比較的簡単に集まった。パリの合唱団に所属する人や、日本人会でシャンソン教室を開いている人など、普段から接触のある日本人女性がすぐに引き受けてくれた。

困ったのは男性だった。


本番は夜8時からだったけれど、11/5の平日の午後に、リハーサルをしなくてはならない。平日の午後に休みを取ってもらえるような男性は少ない。

11/5は幸い、万聖節の休みの終わりの方だったので、「学校の先生」なら可能だった。

トリオのメンバーのギタリストHはすぐOKしてくれた。彼は音楽教師であり、自分でも中学生のために音楽劇を主宰したりしている。

もう一人、過去によく一緒に公演したギタリストのシャルルも快諾してくれた。彼も音楽学校の教師のほか、合唱指導もしている。

カルテット仲間のヴァイオリニストのジャンも快諾してくれた。彼はリタイアした元パリ市職員だが、アマチュア・オペラでも歌っているバスの歌い手でもある。彼が一番、時間に余裕があるので、『原子雲』のビデオ、楽譜をかなり前から研究して準備万端だった。

後は、やはり知り合いのカトリック学校で合唱団に入っている先生を介して、その学校の生徒の父親で合唱団のメンバーである教師などが加わった。


イントロに日本語での短い歌を歌うほかに、能の中でのコーラスは、原爆で見失った子供を探しに来た母親の嘆きの後ろで、「おかあさーん、おかあさーん」「水ー、みずー」「熱ーい、あつーい」「助けてー、たすけてー」などと短いフレーズの唱和を繰り返すものだ。最後は「私たちのために祈って」としめくくられる。これらをフランス語で歌うのだ。


リハーサルの日の午後、日本から来て合唱指揮をしてくれる合唱指導の女性が、私たち10人の立ち位置や、タイミングや、強弱などのニュアンスなどを教えてくれた。

フランス人男性5人のための通訳は私だけれど、みんなストーリーは把握しているし、経験も豊富だし、やる気も満々だし、日本文化会館という場所にも興味津々だし、何よりも、指導の女性が歌って見せるだけですぐに通じるので、スムーズに進んだ。バスのジャンが朗々と歌ってくれたので大船に乗った気にもなった。


で、一通りの練習が終わり、指揮の女性がこの能の作者でシテでもある宇高通成さんを客席に呼んだ。客席からどんな感じで聞こえるかを確認してもらうためだ。


宇高さんの前だということで、私たちは少し緊張して、その前の合わせで指示されたことを忠実に再現して歌った。悪くなかったと思う。

合唱指揮者が宇高さんの方を振り向いて、「いかがですか」と聞いた。


すると、宇高さんは、何も言わずに、私たちの方に歩いてきて、舞台に上がり、話し始めた。


「私はこの能を上演するにあたって、最初に朗読してくれる女優さんと一緒に広島の平和記念公園にお参りに行くことにしました。原爆死没者慰霊碑の前に二人で立ちました。」


「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」という有名な碑文が刻まれた御影石のアーチが目に浮かぶ。その向こうには原爆ドームが見える場所だ。


宇高さんは、この能を犠牲者の霊に捧げ、公演の成功を祈って、目を閉自、深く頭を下げて黙祷した。


そのことをジェスチャー入りで話してくれた。

私が少しずつ通訳するのを待ちながら、ゆっくりと。


「ところが、です」


宇高さんは、はっと顔をあげる。


「目を開けた私の前に、慰霊碑の向こうに広がっていたのは…」


「…」


「火の海でした。」


「…」


「戦争は、」


「…」


「終わってなんかいなかったのです」


私たちは息をのんだ。


「では、もう一度、どうぞ」


と言って、宇高さんは客席に戻った。


その後でまた私たちは、「おかあさーん、おかあさーん」「水ー、みずー」「熱ーい、あつーい」「助けてー、たすけてー」と歌い、「私たちのために祈って」と繰り返した。


自分たちが何をどう歌っていたのかもう分からなかった。

私たちは火の海の中にいた。


終わると、宇高さんは「はい、非常にけっこうです」と一礼された。


「ヒロシマ」の「火」は、その時以来、私の中で消えることはない。


[PR]
by mariastella | 2018-08-16 00:05 | スピリチュアル

霊界との交信?

昨日サイトのForum2でアップルさんにお答えした中で、読んでいる本(ジャーナリストが父親の棺に4つのものを入れて埋葬し、有名な霊媒4人に父親にコンタクトしてそれが何か伝えてもらうというテストをレポートしたもの)に触れたので、どんな本かリンクしておきます。

大手出版社から出ているもので、いわゆるオカルト本ではありません。

この著者のアプローチは私と似ていると思います。

つまり、本当に興味があるのは、霊界との交信みたいなものではなく、目の前にいる「霊媒」そのものだということです。

「霊媒」を「霊」だけではなく、「霊と交信したい人」を前にした仕事または活動にしている人たちの心象風景、動機、失敗や成功に関するスタンス、自分の「霊感」に気づいたのはいつか、生育環境、、きっかけ、「信じていない人」を前にすると何が起きるか、など、霊媒と霊媒の前にいる人、そして霊(最近亡くなった人、先祖、前世?、浮遊霊、悪霊、守護天使など文化や心理状態によっていろいろなかたちで意識されるのでしょうが、ともかく、霊媒とその「客」との間に別に現れるとか意識されるなにか)との三者の関係性で見ることに興味があるのです。

宗教の中の「霊体験」となるとあまりにも複合的な要素があるので分析は大変ですが、個人で霊媒活動をしている人と個人でそこに期待する人との関係はある程度分かりやすいし、「宗教心」全般の根っこにあるもののひとつともつながっていると思います。

Forumの答えでも書きましたが、私が若い時に日本で出会った「オカルト」は、アメリカン・ニューエイジのカウンター・カルチャーと、「異端の西洋史」家のディレッタンティズムの混合したようなものでした。

フランスではオカルトはちゃんと大手書店にコーナーがある「エゾテリスム」の一部で、「普通の人」からの認知度が高いものでした。その受け入れられ方は、「今日の星占い」的なものと同じくらい無害な部分が多かったです。
それは今も続いています。
本当にディープなものは隠れてます。

最近ひさしぶりにParapsyのサロンに行きました。

今では、本来は霊媒系であるこのサロンは、東洋風「瞑想」ブームとエコロジーや健康法、アンチ・エイジング、自然食品のマーケットと結びついていて相変わらず結構の人気です。
あやしい感じは皆無です。

今回驚いたのは、霊媒や占い師のブースのほとんどに「コーチング」の言葉があったことです。

未来や運気を見たうえで、それをプラスに変えていくアドバイスをするというのですが、コーチングというネーミングそのものに、すごくネオリベ的なマーケティングを感じました。そのうちパーソナル・トレーナーなどになればもっとお金が入るかも、です。

私はタロットと霊感によるコーチングをする若いグアダルーペ系の女性霊媒と一時間くらい話しました。

彼女の生い立ちや動機やなぜ霊感があると信じるようになったか、これまでの客や「師」や家族との関係などたっぷりインタビューできました。若いのであまり偏見がなくフランクに話してくれました。
私に他の「個人的な相談事」がないことを見抜くだけの能力はあるようです。
こういうことはよくあり、私に「相談事や悩み」がないことを知ってたまに怒り出す人もあります。

逆に言えば、金を払って占い師や霊媒の前に座る人のほとんどは自分の「悩み」でいっぱいで、それは霊媒の目か見ると「ダダもれ」状態らしいです。

この年末に和倉温泉の加賀屋に泊まった時にも、「よく当たると有名な」占い師の方にも見てもらいました。

「よく当たる」ということそのものについての見解をお聞きしました。お仕事における問題点も。人柄が温和な方の場合は楽しいです。

私が一番苦手なのは、「よく当たる」とかいうことで崇められているような人の周りに「信者」がグループを形成しているような場合で、「霊能力?」が「ほんもの」だろうがなかろうが、もう関係性そのものに信頼がおけません。

そういえば、今も一部の方から人気のあるちくま新書の『ヨーロッパの死者の書』を今年後半にはデジタル版で読めるようにします。

それとは別に最新のおもしろい話を盛り込んだ、自分の死後を射程に入れたスピリチュアル本についても、ずっと考えています。みなさんの不思議な体験とかあればForumを通じて教えてください!
[PR]
by mariastella | 2016-03-05 18:44 | スピリチュアル



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧