L'art de croire             竹下節子ブログ

カテゴリ:フランス語( 31 )

ホーキング博士の死とコミュニケーション

先日、ブラック・ホールで有名な車椅子の物理学者スティーヴン・ホーキングが亡くなったニュースをフランスのラジオで最初に聞いた時、内容はすぐに理解したものの、とっさにホーキングという「日本語」が出てこなかった。


フランス語を脳内でカタカナに直す時にホラー作家のスティーヴン・キングの名前が頭をよぎった。

なぜだろうと後から考えたら、フランス語読みでは、スティーヴンはステファン(日本人にはステファヌと聞える)で、ホーキングはHが発音されないで長母音もなく、しかもファーストネームとファミリーネームがリエゾンするので

「ステファノキング」

と発音されていたからだ。

だれのことかというのは文脈上すぐに分かったけれど。


考えてみると、カタカナでは一応「現地読み」に近いものを採用しているから、スティーヴンなのだろうが、そもそもStephen のphenphが濁ってVとなるのは言語学上不思議ではないけれど、この綴りが残っているのはある意味で宗教的ルーツの強さを思わせる。


この名前は、ユダヤ系ギリシャ人で、ユダヤ教会を批判して石打ち刑で殺されたキリスト教最初の殉教者として超有名な「聖ステファノ」から来ている。


キリスト教文化圏には洗礼名や守護者としての聖人の名が圧倒的に多いのだが、言語圏が違うとヴァリエーションが多い。

使徒ペトロがピーター、ピエール、ペドロ、ピョートル、

ヨハネがジョン、ジャン、ジョヴァンニ、フアン、ハンス、などになる。


日本人から見るとまったく違う名前に思えるが、昔、パリの女子学生寮にいた時に、同宿のアメリカ人学生が、スーザンという名前なのにフランスだからというので「私はシュザンヌよ」と何の迷いもなく使っていたのでそんなものかと思った記憶がある。


大抵は何となく想像がつくけれど、驚いたのはこの「ステファン」で、フランス語ではエティエンヌという。気がつくのに一年以上かかった。

元のステファノにより近いStéphane という名が使われ始めたほうが新しい。

女性形の「ステファニー」の方は昔からある。

エティエンヌというのはフランス語の形からいうと女性名のように聞こえるが、男性名しかない。

どうしてSが消えるのかよく分からない。スペインではEsteban エステバンという。これもBのせいで、最初はピンとこなかった。


アングロ・サクソンの「有名人」の名がフランスで語られるときに、フランス語風に読まれるか現地語風に読まれるかというのは必ずしも決まっていない。日本で中国や韓国などの漢字の地名や人名が、今は原則として現地読みに近いフリガナをつけたりカタカナで書かれたりしているけれど、日本の漢字読みで通用しているものも多いことと似ている。

この中国系の固有名詞は、フランスでは一応、「現地読み」に近いものになるので、たいてい漢字しか浮かばない私には、理解したり発信したりするのに苦労する。

で、スティーヴン・ホーキングが「ステファノキング」で、一瞬混乱したわけだ。

ホーキング博士のことを、テクノロジーがコミュニケーションのツールになった成功例として称賛する人がいた。


本当だなあと思う。


昨今、AIが人間の仕事を奪うとか人間の能力を凌駕するとかいろいろ言われているが、普通なら重度の身体障碍者として社会生活が困難になるはずのこの天才が、高度のテクノロジーにアシストされて最後まで世界中にコミュニケートし続けてきたというのはすばらしい。


逆に、身体能力が損なわれていなくても、自分の考えを他者と広くコミュニケートできなくなった、理解し合うことができなくなったというタイプの障碍の闇は深い。


その闇を探ってアシストできるようなテクノロジーというものができる日は、はたして、来るのだろうか。




[PR]
by mariastella | 2018-03-22 00:05 | フランス語

フランスの子供たちのカトリック・ジョーク その2

「カテキズム(公教要理)の真珠」から少し紹介。

全部実話。

子供のお祈りの例。

「神さま、私が病気になりませんように、病気になったら、ビタミンをホウレン草の中に出なくママのつくるケーキの中に入れてください」

ソフィが司祭さんに言った言葉。


「来週の水曜日(水曜は学校が休み)にカテキズムに来れるかどうか分かりません。歌の練習にも。」

「どうしたんだね」

「体操の時間の後からずっと肋骨が痛いんです」

「それで ?

「アダムみたいに、肋骨から女の人が生まれると思うんです」

カテキズムの時間


「聖書の中で話される果物を三つ挙げてください」

「ええと、リンゴとブドウと…」

「いいですね。後ひとつ」

「…」

「後一つだけ」

「ええと、おなかの果物…」

これは天使祝詞、アベマリアの歌の中に、

あなたは女のうちで祝福され、
ご胎内の御子イエスも祝福されています。」

のがあって、日本語では「ご胎内の御子」だけれど、


ラテン語は fructus ventris tui Jesus、(腹の果実)

英語なら the fruit of thy womb, Jesus.(子宮の果実)

フランス語なら le fruit de vos entrailles(内臓の果実)


で、いずれもフルーツという言葉が使われている。


普通のフランス語ではentraillesと言えば「腸」という意味だから、子供がこの祈りを丸暗記する時はフルーツとのなんだか奇妙な組み合わせだと感じてしまうだろう。


今どきのカテキズムではこんな質問などないと思うし、あまり意味もないような気がする。

三つ目の果物は何だろう。

イチジクかな。

果実のなる木でシンボリックなのはオリーブの木、イチジクの木、ブドウの木ということになっている。

イチジクは特にイスラエルの国民的果実といわれる。

オリーブは聖霊で、ブドウは宗教的生活のシンボル。

フランスはたまたまブドウ(イエスの血となるワインの原料)と小麦(イエスの体となる聖体パンの原料)の栽培に適した大生産地だったことが「キリスト教」の発展二寄与した。

オリーブとイチジクは「地中海」のイメージだ。

リンゴというのは地中海的じゃないから聖書っぽくない。

キリスト教がヨーロッパに広まった後になって、ヨーロッパに多いリンゴがエデンの園のイコンに使われた。

アダムとイヴが食べた禁断の木の実は、リンゴ、ナシ、イチジク、ザクロなどの説が生まれた。

確かなのは、智慧の実を食べて裸を恥じて腰を覆ったのがイチジクの葉をつづり合わせたものだということだ。

リンゴ、ナシ、ザクロの葉では「つづり合わせる」なんていかにも難しい。


凹凸の多いイチジクの葉があってよかったね。


[PR]
by mariastella | 2017-12-25 00:05 | フランス語

フランスの子供たちのカトリック・ジョーク その1

毎日曜に教会のミサに出るカトリック信徒は今や人口の10%を切るとか言われているフランスだけれど、今でも、日本ならお宮参り、七五三に当たるような赤ちゃんの洗礼式やら公教要理(カテキズム)のクラスに通っての初聖体をはじめとする冠婚葬祭のためにカトリック教会に行く人たちはたくさんいる。


子供をカテキズムのクラスに入れるというのは、親がイデオロギー的無神論を掲げる家庭でない限り、まあ子供に愛とか道徳とか弱者へのリスペクトとかを教え、文化の基礎となるキリスト教の教養を与えるという意味で、かなりスタンダードな選択だと言ってもいい。


そういう家庭では、祖父母たちが子供を要理のクラスに連れていくことも多いし、同じようなタイプの家族同士が知り合う、という機会も提供している。


ひと昔前はそれこそ「日曜学校」のイメージで聖書の知識をテストするみたいなものもあったが、第二ヴァティカン公会議以降の1970年代になってからは、要理のクラスは、「他の人の生活をより快適にするために努力することが、キリスト的生活だということを学びます」というものに変わった。

で、最近そのカテキズムのクラスに通い始めた6歳の女の子があるジョークを教えてくれた。


AuNom du Père, et du Fils,et du Saint-Esprit. Amen.

(父と子と聖霊の御名によって、アーメン)

に関するものだ。


これは、キリスト教の三位一体の祈りで一番ポピュラーというか基本的なもので、アーメンとは、「合意」「その通りになりますように」を示すヘブライ語由来でキリスト教圏の多くでそのまま通用する。

私の子供の頃は「アーメン、そーめん、冷やそーめん」という言い回しがあった。「父と子と聖霊」というむずかしいものはなかったけれど、アーメンとはキリスト教の特徴的なお祈り言葉だというのは60年前の日本の子供たちにも、ジョークになるほど広く認知されていたということだ。

で、今時のフランスの子から聞いたジョークは、

Au Nom du Père, et du Fils,et du Saint-Esprit. Amène moi ma bière.

父と子と聖霊の御名によって、私のビールを持ってきて!

というのだ。笑える。

フランス人はNの子音だけの発音がうまくなく、たいていはその後に曖昧母音がくっつく。

だからスーパーマンもスーパーマンㇴに聞える。

パリジェンヌもフランス人的にはパリジエンと言っている。

パリジャンの方は鼻母音なので、Nを発音しているわけではない。


だから、アーメンも、「アーメンㇴ」に近く、それはamener(持ってくる)という動詞の命令形「アメーㇴ」と重なる。長母音と短母音の区別も意識されないからだ。

で、「持ってきて、私のビールを」となるわけだ。

面白がって何度も繰り返すので、この「祈り」はしっかりと記憶される。

試しに検索してみたら、フランス人の誰かのハンドルネームに


「Au nom du verre, du vice et du saint-whisky, Amène moi la bouteille !」


というのがあった。


「グラスと悪徳と聖ウィスキーの御名によって、私にボトルを持ってきて」


というのだ。

グラスのヴェールと悪徳のヴィスが、父ペールと息子フィスという言葉と脚韻を踏んでいる。聖霊のサンテスプリがサンウィスキーとなる。

まあここまで凝っていたら、大人のジョークだけれど。

この話で「カテキズムの真珠」という小冊子を持っていたのを思い出した。フランスで子供たちの要理のクラスを受け持つ人々が書き留めた子供たちの面白い秀逸なコメントを200集めたものだ。単純な言い間違い、思い違いが立派なジョークになっているし、子供たちの世界をのぞく窓口にもなっている。


[PR]
by mariastella | 2017-12-24 00:05 | フランス語

フランソワ・バイルーかベイルーか

今回のフランスの大統領選では、中道のフランソワ・バイルーがマクロンを応援し、その後で法務大臣になり、スキャンダルのためにひと月で身を引いたなどの経緯から、このブログでも「バイルー」の名を何度も書いた。

テレビやラジオでもしょっちゅう耳にしたわけだが、やはり、はっきりと「ベイルー」と発音されることがあるので、10年前のことを思い出した。

サイトの「フランス大統領選について その2」(2007.4.3)の中に長々と書いている。

今回、思い立って日本語のネットを検索したら「バイルー」表記だった。

どちらにしても、普通のフランス人がバイルーとベイルーの違いを意識していないのは確かだと今回も思う。

10年前の記事にも書いたが、例えば「恵子」という日本の名前を外国でアルファベット表記をKeiko ケイコとされていても、eの上に横線があって長母音を示してケーコと書いてあっても、日本人はあまり気にしないだろうことと同じだ。

大学で日本語を習うフランス人にとっては、日本語では「え+い=えー」だと習うから、大問題だけれど。日本人が「け・い・こ」と発音すればそれは間違っているというかもしれない。

フランス語ではたとえばA+I=エと発音するのでアイではない。日本人のフランス語学習者ならしっかり気をつけるのと同じだ。

でもこういうのはもともと「音便」というやつで、フランス人は二重母音を嫌うのでこうなるわけだから、つづりが同じであるとバイもベイも同じように聞こえるのだ。不思議。



[PR]
by mariastella | 2017-06-24 00:37 | フランス語

マクロンとフランス語

トランプ大統領の語彙が貧困だというのは有名だ。
日本の首相たちも漢字の読み方を間違えていることを何度も指摘された。
サルコジは俗語を使ったり悪文を弄したりしていた。
オランド大統領も文法の誤りを指摘されたことがある。

フランスでは「フラランスとはフランス語」だと言われるくらいに、フランス語への思い入れは深い。

マクロンは高校の演劇で出あったフランス語の教師と恋に落ちたくらいだからフランス語の能力は高い。
今回の大統領選で彼の勝利を決定的にしたマリーヌ・ル・ペンとの最終討論で彼が披露した語彙は話題になった。

若いのに古臭い言葉を使う、と言われもしたけれど、文学や哲学の教養は確かだ。

リストに上がった単語は、

La poudre de perlimpinpin

Galimatias

Saut de cabri

Antienne

Broutard


どれも文脈で大体わかるけれど私が使ったことのない言葉ばかりだ。
ペルランパンパンなんて、オノマトペが語源で、これですっかり有名になってyoutubeで出回った。
私も使ってみたくなる。

最後のBroutardは全く知らなかった。
その他にも、別の折に、イタリア語由来の In petto  やアラビア語由来の Chicaya なんて言葉を使っている。

私はバロック・オペラの歌詞を知っているし、古典もまあ読んでいるから、古臭い言葉は割と分かる。
今の若者の俗語や略語やネットの言葉みたいなのはフランス語でも日本語でもよく分からない。

どちらにしても、39歳の新大統領の語彙が豊富でうまく使いこなせるというのは「フランス」にふさわしい。

マクロンと言うとロスチャイルド投資銀行で働いていたということで「金持ちの手先」のように批判されるわけだけれど、マクロンの前にはポンピドー大統領もロスチャイルド銀行で働いていた。ポンピドーも詩に造詣が深くフランス語の教養があった。

そういえば、当選の夜のルーブルのピラミッドの前でのスピーチで、歩いてきた時はEUの歌である「喜びの歌」だったけれどオーケストラ演奏のみで歌がなかった。
ベートーベンでドイツ語だから、それでなくともEUはドイツに牛耳られているというル・ペン女史の言い分を想起させるようなミスをおかすことはできない。
スピーチの後のフランス国家の「ラ・マルセイエーズ」は曲だけでなくフランス語の歌詞をマクロンも人々と共に歌っている。
そのシンボリックな意味は小さくない。

スピーチの背景のピラミッドをフリーメイスンだという人もいたが、三角形は天と地を結び、三位一体の「父と子と聖霊」が共和国の「自由・平等・同胞愛」の三つの標語に置き換えられたことのシンボルだと言う人もいる。

サルコジが「(それまでのフランスから)断絶する」、オランドが「金融システムと戦う」などと言っていたのに対してマクロンは「愛を持って仕えます」とスピーチを結んだ。「謙虚に仕えます」とも言っていた。
その辺は完全にキリスト教の優等生的な言葉だ。

総選挙では男女半々で428人の候補を立てると今日発表されていた。
マクロンの「En Marche!」は「La République en Marche(REM)」と名を変えたようだが、EMはマクロンのイニシャルであると同時に「エム」と読め、つまり「aime(エム: 愛する)」の含意もあったそうで、言葉へのこだわりがここでも見られる。

言葉を制するものはリスペクトを得られる。
マクロンのスピーチで繰り出されるフランス語をウオッチングできる5年間になりそうだ。

[PR]
by mariastella | 2017-05-12 06:24 | フランス語

ジョルジュ・ペレックがフランスの文学殿堂入り。

ジョルジュ・ペレックがガリマールのプレイアッド・コレクションに収録されて、立派な「古典」の墨付きを得た。

で、例の有名な「eを使わない小説」である『La Disparition(消失)』にちなんで、ラファエル・エントヴェンがeを使わないで今朝のラジオでコメントしていた。すごい。(こういうの

私はクロスワード系のパズルが好きで、よくやっているが、もちろんまず注目するのはEで、eはたいてい最初に書きこめる。eを使わないクロスワード・パズルがあったら結構つらいだろう。ちょっと見てみたいが。eのないパズル。

で、まさかこの本の邦訳は日本で出ていないだろうと思ってペレックを検索したら『煙滅』というのがあった。
「煙滅」って何? でもこれが一番似ているかも、と検索したら、
やはり『La Disparition』だった。い・き・し・ち・に・・・など「i」のシラブルを使わないで訳したのだという。
だから「消失」は「し」が二度も出てくるからアウトで「煙滅」なのだ。

なかなかアクロバティックだ。
こんな技は、PSの時代でなければ不可能だろうなあ。
まず日本語をローマ字で書いてみて、i を含む言葉をすべて換えて、i が消えるまで工夫するのだろうなあと思った。

試しに今の上の文

「まず日本語をローマ字で書いてみて、i を含む言葉をすべて換えて、i が消えるまで工夫するのだろうなあと思った。」

には、

日本語の「に」と「ローマ字」の「じ」、「書いてみて」の「い」と「み」、「消える」の「き」の5文字が「い」を含む。

意外に少ない。じゃあ、書き換え。


「まず和文(または翻訳文)をアルファベットで打ったあと、i を含む言葉をすべて換えて、i がなくなるまで工夫するのだろうなあと思った。」

うむ、わりと簡単かも。

と言っても私は日本語を打つときは、日本語キーボードではひらがな入力(ローマ字入力より1.5倍のスピードで書ける)なので、量が多いとどうなるだろう。
特にフランス語の翻訳などカタカナ語が多いと、ローマ字入力はとても効率が悪い。

たとえば 「FRANCE」は6文字、日本語で書くときはこれを「フランス」と日本語で考えるからそのまま打って4文字。
けれどもローマ字入力すると「furannsu」とその倍になって、その上、アルファベットの綴りが違うから脳内で不自然な中継地点を通ることになる。昔は「腐乱酢」などと変換されることもあったっけ。

なんにしろ、言葉遊びはおもしろい。

どこかの国のリーダーたちと違ってフランスの政治家たちは語彙が豊富だから、彼らを観察する方も、やはり「語彙を広げること」が必要とされる。

でも大切なのは語彙が全体でどういう意味を持つかである。
ペレックの小説も、単にeがないだけではなく、自由とか消失、表現の縛りが内容と深く関わっているのだ。
グザヴィエ・ドランの映画『マミー/Mommy」を連想させる。
普通の映画の画面のサイズから両サイドを切り落とした形の正方形の画面は、単に斬新な試み、というだけではなく、テーマの核と結びついている。(この映画については後日書きます。映画コメントがたまっているので少しずつアップします)

[PR]
by mariastella | 2017-05-10 02:37 | フランス語

ヴォルテールのせいで転んだ

ヴィオラ奏者のコリンヌが、足首を捻挫して引きずっていた。

私がレッスン室に入った時、ちょうどその話を別の奏者に話しているところらしく、

「猫に気を取られて転んだのよね、ヴォルテールのせいで・・・」

というのを耳にしたので、私は思わず

「あなたの猫ってヴォルテールという名前なの?」

なんて言って驚かれてしまった。

もちろん「ヴォルテールのせいで転んだ」というのは有名な表現で、歌や映画(『ヴォルテールのせい』という邦題もある)にもなっていて、革命以来何でもかんでもルソーとヴォルテールのせいにする、というのは早くからあった。

それが慣用句になるくらいに有名になったのがユゴーの『レ・ミゼラブル』の中でガヴローシュが歌う歌で


« Je suis tombé par terre,
C'est la faute à Voltaire,
Le nez dans le ruisseau,
C'est la faute à Rousseau. »

というのがあり、まあ、転んだ「par terre(パルテール)」とヴォルテールとが脚韻を踏んでいるということだ。

それが有名なので、何でもかんでも誰かの責任にすることで「ヴォルテールのせい」という言い回しになった。コリンヌは実際に「転んだ」ので、ほんとは「猫」のせいなのだけれど「ヴォルテールのせい」という「下の句」が口をついていたわけだ。

私はこの表現を知っていたけれど、ドアの向こうで「猫」、「ヴォルテール」と耳にして、うちの猫スピノザのことを考えて、猫に哲学者の名前付ける人って他にもいるんだ―と思ってしまったのだった。「V」の年に生まれたなのかなあって。スピノザは「S」の年生まれだ(ソクラテスかスピノザかで迷った)。

普段はスピヌー、スピ、ピー、スピンボーイなどと呼ばれているが獣医さんちのカルテにはちゃんとフルネームで記録がある。近頃『エチカ』を読み直してるのでますますそちらに連想が行った。

でも考えてみると、このヴォルテールの表現、知ってはいるけれど、自分では使ったことがないし、周囲の人が言っているのを聞いたのも初めてかもしれない。

今度何かもっと微妙なシーンで、「こんな表現も知らないのか」みたいな事態に陥らないとも限らないなあ、と自戒。
[PR]
by mariastella | 2017-03-19 08:24 | フランス語

シルヴプレとプリーズ

東京オリンピックがあるせいか、英語学習のサイトがいろいろ目につく。

英語のplease は「お願い度」が大きいし、丁寧度は低いとあった。
よくわかる。

でも、事実上同じシーンで使われるフランス語のs’il vous plaît(シルヴプレ)の方は、語の構成からいうと「お気に召すなら」というわけで、日本語で言うと「およろしければ」というのに似ている。
「よろしくお願いします」、とか、逆方向で上から目線でも「よきにはからえ」というのがある。

個人の恣意を超えた感じがいい。

plaire も、please もPlaisir とかpleasureが派生語であるように、「喜び」に関係があるのだから、もとは共通している。
それにフランス語だって、丁寧にお願いする時は条件法否定倒置形を使わねばならない。
例えばNe pourriez vous pas (could you not)などだ。

でも、シルヴプレ(s’il vous plaît 最近は山型アクセントはなくても通用)って、お願いがあっても、あくまでも「神のみ心のままに」風な感じが残っている。

シルヴプレと言われたら、「どうぞどうぞ、」という感じの受けごたえに「Je vous en prie」があって、こちらもprier (祈る)という言葉で、You’re welcomeというのとは雰囲気が違う。

張り紙などにも英語の

「please do not disturb」などと違って

「prière de ne pas déranger」と、

「祈り」という言葉が使われるし、フランスが世俗化しているわりにはフランス語ってまだ控えめな感じがあって、日本語風のきめの細やかさが残っているなあと思った。
[PR]
by mariastella | 2016-11-06 12:03 | フランス語

komonoの話

先日、朝のラジオで、ナレーターが

「さがしものをしたことがありますか? 人はなんと平均生涯の2ヵ月を探し物に費やしているのです。いらないモノを捨てましょう。日本語にはこういう言葉があります」

という感じで話し始めたので、思わず耳をそばだてた。

さてはあの「断捨離」という言葉がついにフランスに上陸したのかなあ。

私はなかなか「断捨離」ができない人だけれど確かに探し物はよくする。
そのおかげで、探し物は見つからなくてもすっかり忘れていたものを見つけて喜ぶこともよくある。

で、どんな日本語かと言うと、「komono」なのだそうだ。

え、どんな経緯でkomonoが…?

「komono には4種類あります。

1.ノスタルジー。思い出のためにとっておくもの。
2.経済的なもの。高かったから捨てられない。
3.社会的なもの。リサイクルしたり寄付したりするためにとってあるもの。
4.備蓄。いつかは役立つに違いないと思ってとっておくもの。」

というのだ。

どうやら、つい捨てられないで堆積するモノのことらしい。

でも、日本語の小物って別にネガティヴな意味はない。

「和の小物」とか「キッチンの小物」とか、小ぶりのかわいいものを想像する。

確かにかわいいとか便利そうだ、場所をとらないと思ってついつい買ってしまう小物が溜まってごちゃごちゃしてしまう、というようなケースはあると思う。

何しろ小物だから小さくて、数が増えると何がどこにあるのかわからなくなって「探し物」を増やすこともありそうだけれど。

「高かったから捨てられない」小物というのは少し変だ。

小物というのは値段が手ごろだからこそ増えるのだから。

小さくても高価な宝石や時計は小物とは言わない。
むしろ「大物」の買い物だ。

もともと日本語の言葉って、アニメや漫画のおかげでちょっとおしゃれという先入観もあるフランス。

そのうち誰かに「komonoで困っているんだよ」なんて言われたら、なんてリアクションをしよう、といらぬ心配を少ししてしまった。
[PR]
by mariastella | 2016-08-31 00:40 | フランス語

ユーロ杯とグループ感情、フランス語

しつこく、ユーロ杯について。

なぜかというと、私の一日は朝ベッドの中でラジオを小一時間聴くことで始まるのだけれど、フランスで開催中のユーロ杯の決勝が明日に控えているので、ラジオはそのニュースばかりやっているからだ。

今日も、選手の一人一人が今回は監督のデシャンと同じく、一貫してチームの一体感と謙遜と落ち着きを反映していることについてのコメントだった。

フランスと言えば、南アフリカのワールドカップで選手たちがバスから降りずに練習拒否のストを起こしたくらいチームワークに向いていない国民性の国だ。
柔道、水泳、スキー、フェンシング、などの個人競技の方が基本的に向いている。

でも、今回のチームは息があっていて個人よりチームを尊重し、感謝の心を忘れず、と、誰にインタビューしても同じ感じの答えが返ってくる。

よほどデシャンの教育、影響が功を奏しているのか、というより、デシャンは、自分に似ているメンタリティの選手のみを残したのだと言われている。

その結果、ベンゼマらの有力選手が消え、結果、ある意味、不思議なことになった。
いわゆるマグレバン系の選手はモロッコとの二重国籍を持つ選手が一人だけ(この人も怪我で抜けた選手の補充で入った)で、あとは、ざっと見て、白人系とブラック・アフリカ系ということになったので、見た目のコントラストが大きい。

98年に優勝した時は、Blanc, Black, Beur(アラブ人arabeのこと)の3Bのフランス共和国主義のシンボルのように言われたのだが、今回は、そういうことは言われずに、ただ、チームワークと謙遜のメンタリティだけが残る。

前半の「ヒーロー」だったパイエットは 「union 」ユニオン、合一という言葉を使い、

中盤のヒーローは「le sentiment du groupe」(正確にはsentiment d'appartenance à un groupe ) グループの感情、という言葉を使った。 結束ではなく感情、というのがおもしろい。

ドイツ戦のヒーローのグリエズマンは、インタビューに答えた時、主語に、「Je(私)」と言わず「Nous(私たち)」と使った。

なるほど。

そしてデシャンは常に、問題を先取りして対策を立て、問題が起こればきっちりとネゴシエイトする。
マネージメントの天才であるらしい。

こういうのを聞いていると、もう、個人の才能とかテクニックとかとを超えた次元の話で、逆に、身近なことに参考になる。私の小さなアンサンブルだとか、家族との関係だとか。

よくよく分かっていても、特定の身近な人間と何かをする時に、相手を批判する言葉が出たり、自分を正当化する言葉が出たりする。あるいはそれを抑えてフラストレーションになったりストレスがたまる。

シンプルと謙遜、これが一番大切というのは、修道院やら、シスターの口から一番よく耳にしたことばだ。

全面的に同意するけれど、適用するのは難しい。いや、自分の態度のデフォルトとしてシンプルと謙遜というのは簡単なのだけれど、身近な人と一対一になって意見が食い違う時、相手の態度が気に入らない時など、なかなかそうはいかない。

もう一つ、思ったのは、これだけ監督のコミュニケーション術が成功の一番の鍵になるのだとしたら、やはり日本のスポーツチームで、通訳を必要とする外国人監督を起用するのは限界があるんじゃないかということだ。テクニックに関するコーチなどは別として。

監督と言葉を共有するということはチームワークにとってとても重要なのではないだろうか。

さらにもう一つ、ラジオを聞いていて、ラジオのサッカー中継(私の聞いたのはもちろん再生だけれど)は、画面がないから、レポーターがのべつまくなくしゃべる。
そうやってすべてを言語化しているうちに、思い入れが一体になって、ゴールが決まった時などの叫び方や声の上ずり方が尋常ではない。
テレビなら、視聴者も目で参加しているから、言葉のシェアは限られている。

でもラジオでは、レポーターの「言葉」だけが頼りだ。聞いている方も言葉と一体化している。

コメントの言葉の使い方やフレージングももうあちらの世界に行ってしまっているので、それも興味深い。

「ラジオのサッカー中継から見たフランス語」という本が書けそうだ。

多くの人が言っているけれど、1984年のフランスのユーロ杯でフランスが優勝した時にはこのような社会現象はなかった。

社会現象になり始めたのが90年代で、グローバリゼーションや経済格差とも連動する。

そしてジダンのような最初の「移民の子孫」の活躍から、ベンゼマのような問題児に至り、グリエズマンのような新世代まで、フランスの社会事情の鏡のような部分がある。

日曜の結果は、さて、どうなるだろう。
[PR]
by mariastella | 2016-07-09 18:14 | フランス語



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
『アンナとアントワーヌ 愛の..
at 2018-05-23 00:05
沖縄を考える  その5  ユ..
at 2018-05-22 00:05
ロイヤル・ウェディング、カン..
at 2018-05-21 00:31
近頃思うこと---バレーにコ..
at 2018-05-20 00:05
今さら言ってもどうにもならな..
at 2018-05-19 00:05
沖縄を考える (番外)
at 2018-05-18 01:14
沖縄を考える その4
at 2018-05-17 00:00
エルナンド・デ・ソトのベーシ..
at 2018-05-16 00:05
沖縄を考える その3
at 2018-05-15 00:05
沖縄を考える その2
at 2018-05-14 00:05
沖縄を考える その1
at 2018-05-13 07:14
うかい亭と東京タワー
at 2018-05-12 00:05
美術館の花見
at 2018-05-11 00:05
関頑亭の「胎蔵」
at 2018-05-10 00:05
寒山寺
at 2018-05-09 00:05
タイムスリップ
at 2018-05-08 00:05
高村光太郎の『手』
at 2018-05-07 00:05
御岳渓谷と川合玉堂
at 2018-05-06 00:05
神戸港
at 2018-05-05 00:05
夙川教会(訂正あり)
at 2018-05-04 00:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧